HOME 国内

2023.04.20

競歩コーチ・内田隆幸氏が「ミズノ スポーツメントール賞」シルバーを受賞 世界陸上20km競歩2連覇の山西利和らを指導
競歩コーチ・内田隆幸氏が「ミズノ スポーツメントール賞」シルバーを受賞 世界陸上20km競歩2連覇の山西利和らを指導

「2022年度 ミズノ スポーツメントール賞」のシルバーを受賞した内田隆幸氏

2022年度 ミズノ スポーツメントール賞の授賞式が4月20日に都内で開かれ、陸上界では日本陸連推薦の競歩コーチ・内田隆幸氏(愛知製鋼アドバイザーコーチ、77歳)が同賞のシルバーを受賞。賞状、トロフィーと副賞の100万円が贈呈された。

内田氏は約40年も競歩の指導に尽力し、ジュニア期からシニア期まで中長期的に世界で活躍する選手を輩出。2022年7月に開催されたオレゴン世界選手権の男子20km競歩で、全種目を通じて日本勢初となる世界選手権2連覇を達成した山西利和(愛知製鋼)を指導しているほか、鈴木雄介(20km競歩世界記録保持者、2019年ドーハ世界選手権50km競歩金メダル/富士通)、荒井広宙(2016年リオ五輪50km競歩銅メダル/富士通、22年度引退)も教えを受けたウォーカーだ。

広告の下にコンテンツが続きます

「このような賞をいただけたのは鈴木、荒井、山西ら選手たちの活躍のお陰で、指導者冥利に尽きます。マイナー種目だった競歩をいろいろな方が応援してくださり、多くのメディアが取り上げてくれるようになったことにも感謝しています」と内田氏はコメント。山西には今夏のブダペスト世界選手権で3連覇の偉業、そして翌年のパリ五輪では日本競歩界の悲願である金メダル獲得の期待が懸かり、内田氏も全力でサポートしていく覚悟だ。

「ミズノ スポーツメントール賞」は(公財)ミズノスポーツ振興財団の主催、(公財)日本スポーツ協会と(公財)日本オリンピック委員会の共催により1990年度に制定され、今回が33回目の表彰。競技スポーツおよび地域スポーツにおいて選手の強化・育成ならびに地域スポーツの普及・振興に貢献した指導者を顕彰している。

2022年度 ミズノ スポーツメントール賞の授賞式が4月20日に都内で開かれ、陸上界では日本陸連推薦の競歩コーチ・内田隆幸氏(愛知製鋼アドバイザーコーチ、77歳)が同賞のシルバーを受賞。賞状、トロフィーと副賞の100万円が贈呈された。 内田氏は約40年も競歩の指導に尽力し、ジュニア期からシニア期まで中長期的に世界で活躍する選手を輩出。2022年7月に開催されたオレゴン世界選手権の男子20km競歩で、全種目を通じて日本勢初となる世界選手権2連覇を達成した山西利和(愛知製鋼)を指導しているほか、鈴木雄介(20km競歩世界記録保持者、2019年ドーハ世界選手権50km競歩金メダル/富士通)、荒井広宙(2016年リオ五輪50km競歩銅メダル/富士通、22年度引退)も教えを受けたウォーカーだ。 「このような賞をいただけたのは鈴木、荒井、山西ら選手たちの活躍のお陰で、指導者冥利に尽きます。マイナー種目だった競歩をいろいろな方が応援してくださり、多くのメディアが取り上げてくれるようになったことにも感謝しています」と内田氏はコメント。山西には今夏のブダペスト世界選手権で3連覇の偉業、そして翌年のパリ五輪では日本競歩界の悲願である金メダル獲得の期待が懸かり、内田氏も全力でサポートしていく覚悟だ。 「ミズノ スポーツメントール賞」は(公財)ミズノスポーツ振興財団の主催、(公財)日本スポーツ協会と(公財)日本オリンピック委員会の共催により1990年度に制定され、今回が33回目の表彰。競技スポーツおよび地域スポーツにおいて選手の強化・育成ならびに地域スポーツの普及・振興に貢献した指導者を顕彰している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top