HOME 駅伝

2023.03.31

GMO退部の一色恭志「恵まれた環境に感謝」東京五輪補欠の橋本崚、倉田翔平、ロノも退部
GMO退部の一色恭志「恵まれた環境に感謝」東京五輪補欠の橋本崚、倉田翔平、ロノも退部

23年ニューイヤー駅伝に出場した一色恭志

GMOを退部する4選手のコメント

●倉田翔平
この度、GMOインターネットグループを退部することになりました。
競技生活15年間の中で7年間をGMOインターネットグループのメンバーとして活動させていただきましたが、いろんな方にサポートや応援していただき充実した競技人生でした。
求められていた結果や自分の目標には届きませんでしたが全種目において自己ベストを出せたのは携わってくださった皆さんのおかげだと思っています。ありがとうございました。
そしてGMOインターネットグループのメンバーは素晴らしい選手ばかりです。
これから更に強くなると思いますので引き続き応援よろしくお願いいたします。

●橋本 崚
2023年3月31日付けで、GMOインターネットグループ株式会社を退社および陸上部を退部することになりました。沢山応援していただき、幸せな7年間でした。今後も応援していただけるように走り続けます。ありがとうございました。

●一色恭志
2023年3月31日をもって、GMOインターネットグループを退部することになりました。
創部2年目から6年間、恵まれた環境で活動をできたこと、本当に感謝しています。
熊谷代表、安田副社長はじめ、監督、現場スタッフ、事務局の方々、そしてGMOインターネットグループのパートナーの皆様、本当にありがとうございました。
GMOインターネットグループの皆様のご活躍を期待するとともに、自分自身もそれに負けないように頑張ります。

●ギデオン・キプケルティッチ・ロノ
サポートしてくださった方々に感謝しています。たくさんの応援をありがとうございました。これからも頑張ります。

GMOインターネットグループは2022年度をもって4選手が退部することを発表した。青学大OBの一色恭志と橋本崚、上武大OBの倉田翔平、ギデオン・キプケルテイッチ・ロノの4名となる。橋本と倉田は2016年創部時からのメンバー。 一色は愛知・豊川高を卒業後に青学大のエースとして活躍。17年に入部し、19年の東京五輪マラソン代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)にも出場した。マラソンのベストは2時間7分39秒。一色は「創部2年目から6年間、恵まれた環境で活動をできたこと、本当に感謝しています」とコメント。今後も競技を続けていく。 橋本は箱根駅伝への出走はケガなどの影響もあり出場ならなかったが、全日本大学駅伝などで活躍。2016年、創部メンバーとして加入すると、同年12月の防府読売マラソンを2時間11分20秒で優勝した。19年のMGCでは5位となり東京五輪マラソン代表補欠に選出されている。自己記録は2時間09分12秒。「今後も応援していただけるように走り続けます」と競技継続を表明している。 倉田は上武大卒。実業団入りしてからも力をつけ、5000m13分39秒71、10000m28分14秒62、マラソン2時間8分44秒といずれも自己記録を更新した。ロノは3月20日付で退部。今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では2区を務めてチームの5位に貢献した。 次ページ GMOを退部する4選手のコメント 一色「自分自身もそれに負けないように」

GMOを退部する4選手のコメント

●倉田翔平 この度、GMOインターネットグループを退部することになりました。 競技生活15年間の中で7年間をGMOインターネットグループのメンバーとして活動させていただきましたが、いろんな方にサポートや応援していただき充実した競技人生でした。 求められていた結果や自分の目標には届きませんでしたが全種目において自己ベストを出せたのは携わってくださった皆さんのおかげだと思っています。ありがとうございました。 そしてGMOインターネットグループのメンバーは素晴らしい選手ばかりです。 これから更に強くなると思いますので引き続き応援よろしくお願いいたします。 ●橋本 崚 2023年3月31日付けで、GMOインターネットグループ株式会社を退社および陸上部を退部することになりました。沢山応援していただき、幸せな7年間でした。今後も応援していただけるように走り続けます。ありがとうございました。 ●一色恭志 2023年3月31日をもって、GMOインターネットグループを退部することになりました。 創部2年目から6年間、恵まれた環境で活動をできたこと、本当に感謝しています。 熊谷代表、安田副社長はじめ、監督、現場スタッフ、事務局の方々、そしてGMOインターネットグループのパートナーの皆様、本当にありがとうございました。 GMOインターネットグループの皆様のご活躍を期待するとともに、自分自身もそれに負けないように頑張ります。 ●ギデオン・キプケルティッチ・ロノ サポートしてくださった方々に感謝しています。たくさんの応援をありがとうございました。これからも頑張ります。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

【写真】現地試合会場での秦の様子をチェック! 5/24 結果 大会名 P-T-S meeting会場 SNP(スロバキア) 秦 澄美鈴走幅跳 6m52 第2位 ご声援ありがとうございました。#住友電工陸上競技部 pic. […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック! 女子10000m競歩 44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25 44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4 44.52.90 渕瀬真 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

【写真】全米学生選手権出場を決めた石井優吉 M 800m (Quarterfinal) WHAT A RACE🤯 Handal and Yuki drop huge times in the 800 quarterfin […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top