HOME 国内

2023.03.27

陸上競技開催のガイダンス改定 声出し応援について「制限せず」マスク着用は個人判断に委ねる
陸上競技開催のガイダンス改定 声出し応援について「制限せず」マスク着用は個人判断に委ねる

19年の高校生の大会の様子

日本陸連は3月27日、「陸上競技会開催のガイダンス」の第5版を発表した。

これは2020年以降、新型コロナウイルス感染拡大のため策定されたもので、スポーツ庁が示したガイダンスを基本となっている。その後、コロナ禍の状況によって改定が加えられてきた。

広告の下にコンテンツが続きます

5月8日から新型コロナウイルスが2類相当から5類へと位置づけられる方針が発表されたことを受け、今回の改訂は「新型コロナウイルス感染拡大防止策ではなく、一般の感染症を対象とした改定」としている。

それによると、従来通り3密(密閉、密集、密接)の回避や手洗い・消毒などの基本的な感染対策が示されるほか、マスク着用については「個人の主体的な選択を尊重し、着用は個人の判断に委ねることを基本とする」とした。ただし、感染防止対策としてマスクの着用が効果的であるとした場面においては、「大会の期間、規模、参加対象者に応じて主催者が適切に判断すること」と促す。

また、声を出しての応援については「制限しない」とし、競技会場への入場制限については「主催者において適切に判断すること」とした。

ガイダンスを基本しながら、日本陸連は「感染拡大防止対策の根幹は、政府の方針、それぞれの地域の感染拡大状況に基づく行政判断を優先させることを前提」「不安なく競技会に参加できる体制を主催者の皆さんと一緒に作れるよう関係団体、関連団体の皆様の更なる協力をお願いしたい」と記している。

広告の下にコンテンツが続きます

5類変更後など今後も状況が変わる可能性もあることから、現在のガイダンスについては「5月7日まで」(日本陸連)とし、その後の改定についても検討していくとしている。

日本陸連は3月27日、「陸上競技会開催のガイダンス」の第5版を発表した。 これは2020年以降、新型コロナウイルス感染拡大のため策定されたもので、スポーツ庁が示したガイダンスを基本となっている。その後、コロナ禍の状況によって改定が加えられてきた。 5月8日から新型コロナウイルスが2類相当から5類へと位置づけられる方針が発表されたことを受け、今回の改訂は「新型コロナウイルス感染拡大防止策ではなく、一般の感染症を対象とした改定」としている。 それによると、従来通り3密(密閉、密集、密接)の回避や手洗い・消毒などの基本的な感染対策が示されるほか、マスク着用については「個人の主体的な選択を尊重し、着用は個人の判断に委ねることを基本とする」とした。ただし、感染防止対策としてマスクの着用が効果的であるとした場面においては、「大会の期間、規模、参加対象者に応じて主催者が適切に判断すること」と促す。 また、声を出しての応援については「制限しない」とし、競技会場への入場制限については「主催者において適切に判断すること」とした。 ガイダンスを基本しながら、日本陸連は「感染拡大防止対策の根幹は、政府の方針、それぞれの地域の感染拡大状況に基づく行政判断を優先させることを前提」「不安なく競技会に参加できる体制を主催者の皆さんと一緒に作れるよう関係団体、関連団体の皆様の更なる協力をお願いしたい」と記している。 5類変更後など今後も状況が変わる可能性もあることから、現在のガイダンスについては「5月7日まで」(日本陸連)とし、その後の改定についても検討していくとしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top