HOME 国内

2023.03.21

SGホールディングスの戸田雅稀が現役引退 日本選手権1500m2度制覇 「たくさんの応援ありがとうございました」
SGホールディングスの戸田雅稀が現役引退 日本選手権1500m2度制覇 「たくさんの応援ありがとうございました」

2016年日本選手権1500mで初優勝を飾った戸田雅稀

 

この投稿をInstagramで見る

 

戸田雅稀 toda masaki(@toda_run)がシェアした投稿

21日、戸田雅稀(SGホールディングス)が自身のSNSを更新し、3月31日をもって現役を引退することを発表した。 戸田は1993年生まれの29歳。群馬・東農大二高時代から11年インターハイ1500mで優勝するなど、世代では全国トップ選手として躍進。1500mだけに限らず、駅伝でも2年時に全国大会の3区に出場し、日本人トップの区間3位と好走した。 東農大に進学してからも1500mをメインに取り組み、15年に行われたアジア選手権には日本代表として8位入賞を果たす一方、箱根駅伝にも2度出走。大学在学中には距離を問わずに走り、1500mからハーフマラソンまでの大学記録を打ち立て、10000m以外は今も東農大記録として名を残している。 日清食品グループに入社した16年に日本選手権1500m初優勝。全日本実業団駅伝では17年に1区区間賞を獲得した。19年に日清食品グループの活動縮小に伴いサンベルクスに移籍。同年の日本選手権で3年ぶりの優勝を飾ると、7月のホクレンディスタンスチャレンジで3分37秒90の当時日本歴代2位の好タイムをマークしている。 2021年にはSGホールディングスへと移ったが、近年はランニングフォームを崩すなど、思うようなレースができずにいたという。 戸田はSNSを通じて、「結果も出してないのに実業団でこのまま走り続けていいのか日に日に葛藤することが多くなり、選手でいることが自分自身を必要以上に追い込んでいた」とコメント。「辞めてもいい覚悟は毎年できていたので現役引退を決めたことに後悔ありません。今までたくさんの応援ありがとうございました」と心境を綴った。 引退後はSGホールディングスを退職。大学職員として勤務するという。 次ページ SNSで引退報告を行った戸田雅稀
 
この投稿をInstagramで見る
 

戸田雅稀 toda masaki(@toda_run)がシェアした投稿

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top