HOME 国内

2023.02.27

社会人3年目の渡邉桃子がMGC切符!地元大阪で力走「世界で戦える選手に」/大阪マラソン
社会人3年目の渡邉桃子がMGC切符!地元大阪で力走「世界で戦える選手に」/大阪マラソン

大阪マラソンで日本人トップとなった渡邉桃子

◇大阪マラソン2023(2月26日/大阪・大阪府庁前~大阪城公園)

JMCシリーズの大阪マラソン2023が行われ、女子は2時間23分08秒で渡邉桃子(天満屋)が日本人トップの3位に入った。

広告の下にコンテンツが続きます

地元・薫英女学院高出身の渡邉が自己ベストを7分以上短縮。天満屋としては4人目となるパリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得し「思い切ったレースができました」と、笑顔を見せた。

1月末の大阪国際女子マラソンで30kmまで第2集団のペースメーカーを務めた。その時のタイムより30秒以上速い1時間11分20秒で中間点を通過する。「武富(豊)監督からも2時間23分前後ではいけると言われていたので、自信を持って臨みました」と振り返る。

「30kmのペースメーカーを経験していたので今日も余裕がありました」と話すように、エチオピア勢と共に先頭集団を形成。30km過ぎには一度前に出る積極的な走りを見せるなど健闘が光った。

さすがに35km以降はややペースが落ちトップからは離されたものの2位のベイヌ・デゲファ(エチオピア)を猛追。1秒差まで迫ったところがフィニッシュだった。

広告の下にコンテンツが続きます

高校時代は全国高校駅伝のメンバー入りは果たせなかったものの、地元の関大に進んで大学駅伝で活躍。この春で社会人3年目を迎える。練習の一環として臨んだ12月の防府読売を挟み今回でフルマラソンは3走目だ。

初マラソンだった昨年の名古屋後に左脚の大腿部を疲労骨折。9月までリハビリ生活が続いた。その中でも「今やれることをしっかりやろうと思った」と渡邉。武富監督が「水泳選手以上に泳いでいた」と話すほどコツコツと前向きに取り組んだからこその今回の結果だった。

「タイム的には(2時間)25分が切れればと思っていたのでビックリ。監督の予想は当たりますね」とにっこり。「先輩方もしっかりMGC切符をつかんでいらっしゃるので、それに続けるようしっかり準備をしてきました。今回、ラストで海外勢に離されるなど課題も見えてきたので、MGCも出るだけでなく勝負ができるよう力をつけていきたい」と目を輝かせる。

これまで多く選手を世界大会に送り出している天満屋。名古屋で東京五輪に続く代表の座を狙う前田穂南がMGCを獲得すれば、マラソン練習に取り組む5人全員が、その舞台に立つこととなる。

広告の下にコンテンツが続きます

天満屋に入社後、高校の先輩でもある前田らの姿を見て「自分も世界で戦える選手になりたいと目標を描くようになった」という渡邉。伝統を受け継ぐ一員として、大阪をステップにさらなる飛躍を誓った。

レースは2時間21分台のベストを持つヘレン・トラ・ベケレ(エチオピア)が2時間22分16秒で優勝。渡邉とともにMGC切符をつかんだ5位(2時間25分51秒)の西田美咲(エディオン)まで従来の大会記録2時間26分29秒を上回った。

◇大阪マラソン2023(2月26日/大阪・大阪府庁前~大阪城公園) JMCシリーズの大阪マラソン2023が行われ、女子は2時間23分08秒で渡邉桃子(天満屋)が日本人トップの3位に入った。 地元・薫英女学院高出身の渡邉が自己ベストを7分以上短縮。天満屋としては4人目となるパリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得し「思い切ったレースができました」と、笑顔を見せた。 1月末の大阪国際女子マラソンで30kmまで第2集団のペースメーカーを務めた。その時のタイムより30秒以上速い1時間11分20秒で中間点を通過する。「武富(豊)監督からも2時間23分前後ではいけると言われていたので、自信を持って臨みました」と振り返る。 「30kmのペースメーカーを経験していたので今日も余裕がありました」と話すように、エチオピア勢と共に先頭集団を形成。30km過ぎには一度前に出る積極的な走りを見せるなど健闘が光った。 さすがに35km以降はややペースが落ちトップからは離されたものの2位のベイヌ・デゲファ(エチオピア)を猛追。1秒差まで迫ったところがフィニッシュだった。 高校時代は全国高校駅伝のメンバー入りは果たせなかったものの、地元の関大に進んで大学駅伝で活躍。この春で社会人3年目を迎える。練習の一環として臨んだ12月の防府読売を挟み今回でフルマラソンは3走目だ。 初マラソンだった昨年の名古屋後に左脚の大腿部を疲労骨折。9月までリハビリ生活が続いた。その中でも「今やれることをしっかりやろうと思った」と渡邉。武富監督が「水泳選手以上に泳いでいた」と話すほどコツコツと前向きに取り組んだからこその今回の結果だった。 「タイム的には(2時間)25分が切れればと思っていたのでビックリ。監督の予想は当たりますね」とにっこり。「先輩方もしっかりMGC切符をつかんでいらっしゃるので、それに続けるようしっかり準備をしてきました。今回、ラストで海外勢に離されるなど課題も見えてきたので、MGCも出るだけでなく勝負ができるよう力をつけていきたい」と目を輝かせる。 これまで多く選手を世界大会に送り出している天満屋。名古屋で東京五輪に続く代表の座を狙う前田穂南がMGCを獲得すれば、マラソン練習に取り組む5人全員が、その舞台に立つこととなる。 天満屋に入社後、高校の先輩でもある前田らの姿を見て「自分も世界で戦える選手になりたいと目標を描くようになった」という渡邉。伝統を受け継ぐ一員として、大阪をステップにさらなる飛躍を誓った。 レースは2時間21分台のベストを持つヘレン・トラ・ベケレ(エチオピア)が2時間22分16秒で優勝。渡邉とともにMGC切符をつかんだ5位(2時間25分51秒)の西田美咲(エディオン)まで従来の大会記録2時間26分29秒を上回った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top