HOME 国内

2023.02.20

5度目の世界陸上代表つかんだ髙橋英輝「しっかり準備して力を出し切れるようにがんばりたい」/日本選手権20km競歩
5度目の世界陸上代表つかんだ髙橋英輝「しっかり準備して力を出し切れるようにがんばりたい」/日本選手権20km競歩

2023年日本選手権20km競歩で2位ながら世界選手権の代表に内定した高橋英輝(富士通)

◇第106回日本選手権20km競歩(2月19日/兵庫・神戸)

優勝した池田向希(旭化成)とともに序盤からレースをリードした髙橋英輝(富士通)が、1時間19分07秒で2位。31秒差で連覇は逃したものの、世界選手権代表内定の条件である「派遣設定記録(1時間19分30秒)突破+(世界陸上銀メダルの池田を除く)日本人最上位」をクリア。「難しいレースでしたが、最後まで普段通りのレースを心掛けました。池田選手が強かったです」とライバルを称えつつ、「代表内定を勝ち取ることが目標だったので今はホッとしています」と笑顔で話す。

広告の下にコンテンツが続きます

年末から池田と合宿でともに練習を積んできたという髙橋。「池田君の仕上がりの良さ、フォームの完成度の高さもわかっており、今回、勝負するのはきついと思っていました。それでも前半で離れてしまうと一気に差がついてしまうので、池田君の力を利用させてもらい、他のライバルを前半で引き離すことができたのは良かった」と淡々とレースを振り返った。

勝負どころとなった16km付近では、「ちょうどあのあたりで4枚目の注意を受け、このままいくと池田君の歩きと比べられ、警告を受けてしまう危険性があったので、少し落ち着いて立て直そうと思っていたところで一気にいかれてしまいました」と脱帽。それでも「最後は少しペースが落ちてしまいましたが、悪コンディションのなか歩型を維持し歩き切れたのは収穫」と安堵の表情を浮かべる。

代表に内定し、うれしさとともに「少しビビッている」と自覚する。国内のライバルがメダルを獲得するなか、東京五輪は32位、オレゴン世界選手権でも29位にとどまっており、「心のどこかにまた失敗してしまうのではないかという怖さがあります」と胸の内を打ち明ける。

それでも半年後に控える5度目の世界選手権に向け、「世界大会ではこれまで結果を残せていないので、しっかり準備して、順位などではなく自分の力を出し切れるようがんばりたい」と力強く意気込みを語った。

広告の下にコンテンツが続きます

後半追い上げたオレゴン世界選手権35km9位の野田明宏(自衛隊体育学校)が1時間19分52秒で3位、同銀メダリストの川野将虎(旭化成)は1時間20分37秒で5位に終わった。

文/花木 雫

次ページ 第106回日本選手権20km競歩 男子上位成績

◇第106回日本選手権20km競歩(2月19日/兵庫・神戸) 優勝した池田向希(旭化成)とともに序盤からレースをリードした髙橋英輝(富士通)が、1時間19分07秒で2位。31秒差で連覇は逃したものの、世界選手権代表内定の条件である「派遣設定記録(1時間19分30秒)突破+(世界陸上銀メダルの池田を除く)日本人最上位」をクリア。「難しいレースでしたが、最後まで普段通りのレースを心掛けました。池田選手が強かったです」とライバルを称えつつ、「代表内定を勝ち取ることが目標だったので今はホッとしています」と笑顔で話す。 年末から池田と合宿でともに練習を積んできたという髙橋。「池田君の仕上がりの良さ、フォームの完成度の高さもわかっており、今回、勝負するのはきついと思っていました。それでも前半で離れてしまうと一気に差がついてしまうので、池田君の力を利用させてもらい、他のライバルを前半で引き離すことができたのは良かった」と淡々とレースを振り返った。 勝負どころとなった16km付近では、「ちょうどあのあたりで4枚目の注意を受け、このままいくと池田君の歩きと比べられ、警告を受けてしまう危険性があったので、少し落ち着いて立て直そうと思っていたところで一気にいかれてしまいました」と脱帽。それでも「最後は少しペースが落ちてしまいましたが、悪コンディションのなか歩型を維持し歩き切れたのは収穫」と安堵の表情を浮かべる。 代表に内定し、うれしさとともに「少しビビッている」と自覚する。国内のライバルがメダルを獲得するなか、東京五輪は32位、オレゴン世界選手権でも29位にとどまっており、「心のどこかにまた失敗してしまうのではないかという怖さがあります」と胸の内を打ち明ける。 それでも半年後に控える5度目の世界選手権に向け、「世界大会ではこれまで結果を残せていないので、しっかり準備して、順位などではなく自分の力を出し切れるようがんばりたい」と力強く意気込みを語った。 後半追い上げたオレゴン世界選手権35km9位の野田明宏(自衛隊体育学校)が1時間19分52秒で3位、同銀メダリストの川野将虎(旭化成)は1時間20分37秒で5位に終わった。 文/花木 雫 次ページ 第106回日本選手権20km競歩 男子上位成績

第106回日本選手権20km競歩 男子上位成績

1位 池田向希(旭化成)    1時間18分36秒 2位 髙橋英輝(富士通)    1時間19分07秒 3位 野田明宏(自衛隊体育学校)1時間19分52秒 4位 住所大翔(順大)     1時間20分28秒 5位 川野将虎(旭化成)    1時間20分37秒 6位 村山裕太郎(富士通)   1時間21分10秒 7位 諏方元郁(愛知製鋼)   1時間21分40秒 8位 吉川絢斗(東京学芸大)  1時間21分43秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top