HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.03

青学大が王者の意地!9区・岸本大紀が区間歴代2位の快走で5人を抜いて3位へ浮上「精一杯力を出せた」/箱根駅伝
青学大が王者の意地!9区・岸本大紀が区間歴代2位の快走で5人を抜いて3位へ浮上「精一杯力を出せた」/箱根駅伝

9区区間賞を獲得した青学大の岸本(2023年箱根駅伝)

■箱根駅伝2023 9区区間上位成績
岸本大紀(青学大4) 1時間7分27秒
緒方貴典(創価大4) 1時間8分22秒
山野 力(駒大4)  1時間8分26秒
梅崎 蓮(東洋大4) 1時間8分36秒
中園慎太朗(法大4) 1時間8分45秒

◇第99回箱根駅伝・復路(1月3日:神奈川・箱根町~東京・大手町/5区間109.6km) これが王者の意地なのか。青学大が3位で鶴見中継所へ戻ってきた。近藤幸太郎(4年)と並ぶダブルエースの一人・岸本大紀(4年)が区間賞の快走。前回、同期・中村唯翔が昨年作った区間記録には12秒届かなかったものの、史上2人目の1時間7分台となる1時間7分27秒で5人抜きを見せた。 走ることができなかった中村から「区間記録を出さないとダメだぞ」という激励とサポートと受けた岸本。8.5kmで3位集団に追いついて一気にかわしていく。「田中(悠登)がいい位置で持ってきてくれたので、全員抜かしてやると思って走った」。風を切って外からまくる。その背中を誰も捕らえることはできなかった。 中村の記録にあと12秒届かずも「精一杯、自分の力を出せました。区間賞を取れて仕事は果たせました」と最後の箱根を終えて充実の表情を浮かべる。 波瀾万丈の4年間だった。1年時に2区で快走を見せるも、その後は長くケガに苦しんで戦線離脱。2年時には箱根を走ることさえできず。それでも復活を遂げると、前回は7区区間賞と復活。今季もトラックで活躍を見せた一方で、秋は故障も。「この半年は迷惑をかけました」。それでも、近藤が「みんな岸本を目指して成長した」と話していたように、「最強世代」と謳われる4年生の中心に、いつも岸本の存在があった。 卒業後はGMOインターネットグループで競技を続ける。箱根に確かに刻んだ最強世代・最強のランナーの足跡。その秘める可能性は無限大だ。 次ページ 箱根駅伝2023 9区区間上位成績
■箱根駅伝2023 9区区間上位成績 岸本大紀(青学大4) 1時間7分27秒 緒方貴典(創価大4) 1時間8分22秒 山野 力(駒大4)  1時間8分26秒 梅崎 蓮(東洋大4) 1時間8分36秒 中園慎太朗(法大4) 1時間8分45秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.24

400mH豊田兼が”久しぶり”に渡仏!「決勝を目指して飛躍できる舞台に」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子400mハードルで日本選手権初優勝し、47秒99(日本歴代3位)をマークした豊田兼(慶大)もこの日出国。父の祖 […]

NEWS 110mH村竹ラシッドが挑む初五輪「準決勝の壁を越えたい」状態も上向いて現地へ/パリ五輪

2024.07.24

110mH村竹ラシッドが挑む初五輪「準決勝の壁を越えたい」状態も上向いて現地へ/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子110mハードルの日本記録保持者・村竹ラシッド(JAL)は出国を前に「いつもと変わりありません」と自然体で空港 […]

NEWS 【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top