HOME 駅伝

2022.11.02

富士通は1区坂東悠汰、3区塩尻和也のオーダー 全日本王者のHondaは3区青木涼真、4区伊藤達彦/東日本実業団駅伝
富士通は1区坂東悠汰、3区塩尻和也のオーダー 全日本王者のHondaは3区青木涼真、4区伊藤達彦/東日本実業団駅伝

明日11月3日の第63回東日本実業団対抗駅伝(埼玉県内/7区間76.9km)を前に、出場31チームのオーダーが11月2日に主催者から発表された。

前回覇者の富士通は東京五輪5000m代表コンビのうち、坂東悠汰が1区(11.6km)に、松枝博輝が最短区間の5区(7.8km)に入った。最長区間の3区(16.5km)には塩尻和也、最終7区(12.9km)には青学大出身のルーキー・飯田貴之を配置。その一方でマラソンの中村匠吾や鈴木健吾は補欠に回っている。

広告の下にコンテンツが続きます

また、前回2位で今年元日の全日本大会(ニューイヤー駅伝)では初優勝したHondaは3区、4区(9.5km)に東京五輪と今夏の世界選手権に出場した2選手を起用。3区は3000m障害の青木涼真、4区は10000mの伊藤達彦が入った。なお、設楽悠太は補欠。前回3位の日立物流は設楽啓太がアンカーを務める。

その他のチームでは、ヤクルトが1区に太田直希、3区に中村大聖を配置し、髙久龍と小椋裕介は補欠登録。GMOインターネットグループは1区に10000m前日本記録保持者の村山紘太、3区に今江勇人、6区(10.6km)に吉田祐也が入った。また、今年のニューイヤー2位のSUBARUは3区に照井明人、5区には1500mが専門の森田佳祐、アンカーは元日と同じく口町亮を起用している。

上位12チームが来年元日に行われるニューイヤー駅伝の出場権を得られる。当日の選手変更は、午前7時に審判長に届け出て許可を得たもののみ、認められている。

レースは明日8時に埼玉県庁をスタートし、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場でフィニッシュするコースで行われる。過去2年はコロナ禍で熊谷スポーツ文化公園で行われていたが、3年ぶりに公道で実施される。

広告の下にコンテンツが続きます

TBSでは東日本エリアを中心に明日13時55分からレースの模様を放送する。

■前回上位5チームの区間オーダー
富士通(坂東悠汰―ベナード・キメリ―塩尻和也―横手健―松枝博輝―塩澤稀夕―飯田 貴之)
Honda(小袖英人―カベサ・ジャクソン―青木涼真―伊藤達彦―森凪也―川瀬翔矢―小山直城)
日立物流(小松陽平―リチャード・キムニャン―栃木渡―牟田祐樹―横山徹―前田将太―設楽啓太)
ヤクルト(太田直希―スタンリー・ワイザカ―中村大聖―武田凜太郎―奈良凌介―鎌田航生―荻久保寛也)
GMOインターネットグループ(村山紘太―ギデオン・キプケロティッチ―今江勇人―下田裕太―一色恭志―吉田祐也―橋本崚)
Kao(長谷川柊―レダマ・キサイサ―池田耀平―平和真―大畑怜士―矢野圭吾―杉山魁声)

■第63回東日本実業団対抗駅伝エントリーチーム
富士通
Honda
日立物流
ヤクルト
GMOインターネットグループ
Kao
SUBARU
小森コーポレーション
JR東日本
コニカミノルタ
サンベルクス
コモディイイダ
埼玉医大グループ
プレス工業
警視庁
新電元工業
NDソフト
自衛隊体育学校
TRACK TOKYO
JP日本郵政グループ東京
東京都庁
東京消防庁
アスリートエージェント
TeamM×K
多摩川クラブ
作.AC北海道
K-project
絆ランニング倶楽部
SHONAN RUNS
NEA
NINE TOCHIGI TC

明日11月3日の第63回東日本実業団対抗駅伝(埼玉県内/7区間76.9km)を前に、出場31チームのオーダーが11月2日に主催者から発表された。 前回覇者の富士通は東京五輪5000m代表コンビのうち、坂東悠汰が1区(11.6km)に、松枝博輝が最短区間の5区(7.8km)に入った。最長区間の3区(16.5km)には塩尻和也、最終7区(12.9km)には青学大出身のルーキー・飯田貴之を配置。その一方でマラソンの中村匠吾や鈴木健吾は補欠に回っている。 また、前回2位で今年元日の全日本大会(ニューイヤー駅伝)では初優勝したHondaは3区、4区(9.5km)に東京五輪と今夏の世界選手権に出場した2選手を起用。3区は3000m障害の青木涼真、4区は10000mの伊藤達彦が入った。なお、設楽悠太は補欠。前回3位の日立物流は設楽啓太がアンカーを務める。 その他のチームでは、ヤクルトが1区に太田直希、3区に中村大聖を配置し、髙久龍と小椋裕介は補欠登録。GMOインターネットグループは1区に10000m前日本記録保持者の村山紘太、3区に今江勇人、6区(10.6km)に吉田祐也が入った。また、今年のニューイヤー2位のSUBARUは3区に照井明人、5区には1500mが専門の森田佳祐、アンカーは元日と同じく口町亮を起用している。 上位12チームが来年元日に行われるニューイヤー駅伝の出場権を得られる。当日の選手変更は、午前7時に審判長に届け出て許可を得たもののみ、認められている。 レースは明日8時に埼玉県庁をスタートし、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場でフィニッシュするコースで行われる。過去2年はコロナ禍で熊谷スポーツ文化公園で行われていたが、3年ぶりに公道で実施される。 TBSでは東日本エリアを中心に明日13時55分からレースの模様を放送する。 ■前回上位5チームの区間オーダー 富士通(坂東悠汰―ベナード・キメリ―塩尻和也―横手健―松枝博輝―塩澤稀夕―飯田 貴之) Honda(小袖英人―カベサ・ジャクソン―青木涼真―伊藤達彦―森凪也―川瀬翔矢―小山直城) 日立物流(小松陽平―リチャード・キムニャン―栃木渡―牟田祐樹―横山徹―前田将太―設楽啓太) ヤクルト(太田直希―スタンリー・ワイザカ―中村大聖―武田凜太郎―奈良凌介―鎌田航生―荻久保寛也) GMOインターネットグループ(村山紘太―ギデオン・キプケロティッチ―今江勇人―下田裕太―一色恭志―吉田祐也―橋本崚) Kao(長谷川柊―レダマ・キサイサ―池田耀平―平和真―大畑怜士―矢野圭吾―杉山魁声) ■第63回東日本実業団対抗駅伝エントリーチーム 富士通 Honda 日立物流 ヤクルト GMOインターネットグループ Kao SUBARU 小森コーポレーション JR東日本 コニカミノルタ サンベルクス コモディイイダ 埼玉医大グループ プレス工業 警視庁 新電元工業 NDソフト 自衛隊体育学校 TRACK TOKYO JP日本郵政グループ東京 東京都庁 東京消防庁 アスリートエージェント TeamM×K 多摩川クラブ 作.AC北海道 K-project 絆ランニング倶楽部 SHONAN RUNS NEA NINE TOCHIGI TC

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top