HOME 駅伝

2022.11.02

九州実業団毎日駅伝のオーダーが発表 旭化成新加入の土方英和、三菱重工・井上大仁がアンカーへ 相澤晃が外れる
九州実業団毎日駅伝のオーダーが発表 旭化成新加入の土方英和、三菱重工・井上大仁がアンカーへ 相澤晃が外れる

九州実業団連盟は2日、11月3日に行われる第59回九州実業団毎日駅伝(7区間80.2km)のオーダー表を発表。エントリーしていたチームのうち、JR九州と旭化成Bが欠場となった。

前回優勝で全国3位の旭化成は、7区にマラソン日本歴代5位の2時間6分26秒を持ち、Hondaから今季移籍してきた土方英和を配置。6区の鈴木聖人(明大卒)とともに新戦力2人が旭化成ユニフォームで初の駅伝に挑む。10000m日本記録保持者の相澤晃はエントリーされたもののオーダーから外れた。

三菱重工はエースの井上大仁を最終7区にエントリー。2月の全日本実業団ハーフマラソンで優勝した林田洋翔を5区に配置して2017年以来の九州制覇を目指す。

そのほか、黒崎播磨はマラソンで日本歴代6位の2時間6分35秒を持つ細谷恭平を5区に起用。九電工は3区にベテランの窪田忍、トヨタ自動車九州は今年の箱根駅伝で6区区間賞の快走を見せた順大卒の牧瀬圭斗を3区に置いた。

大会は福岡県北九州市の本城競技場を発着点とするコースで行われ、11月3日9時にスタート。来年の元日に行われる全日本実業団対抗駅伝の予選を兼ねており、上位8チームに出場権が与えられる。

■前回上位5チームの区間オーダー
旭化成(村山謙太、キプランガット・デービス、市田孝、茂木圭次郎、今井崇人、鈴木聖人、土方英和)
三菱重工(定方俊樹、クレオファス・カンディエ、的野遼大、近藤亮太、林田洋翔、目良隼人、井上大仁)
黒崎播磨(田村友佑、ジョエル・ムァゥラ、土井大輔、田村友伸、細谷恭平、長倉奨美、中村優吾)
九電工(中村信一郎、ベナード・コエチ、窪田忍、堀尾謙介、住吉秀昭、赤﨑暁、大塚祥平)
トヨタ自動車九州(横田玖磨、アントニー・マイナ、牧瀬圭斗、右田綺羅、改木悠真、今井篤弥、大津顕杜)

■第59回九州実業団毎日駅伝出場チーム
旭化成A
三菱重工
黒崎播磨
九電工
トヨタ自動車九州
安川電機
西鉄
戸上電機製作所
ひらまつ病院
京セラ鹿児島
日置市役所
大分選抜
国分自衛隊
旭化成延岡
IBUSUKI.R.B
佐賀陸協選抜
※オープン
実業団混成チームA
実業団混成チームB
実業団混成チームC

九州実業団連盟は2日、11月3日に行われる第59回九州実業団毎日駅伝(7区間80.2km)のオーダー表を発表。エントリーしていたチームのうち、JR九州と旭化成Bが欠場となった。 前回優勝で全国3位の旭化成は、7区にマラソン日本歴代5位の2時間6分26秒を持ち、Hondaから今季移籍してきた土方英和を配置。6区の鈴木聖人(明大卒)とともに新戦力2人が旭化成ユニフォームで初の駅伝に挑む。10000m日本記録保持者の相澤晃はエントリーされたもののオーダーから外れた。 三菱重工はエースの井上大仁を最終7区にエントリー。2月の全日本実業団ハーフマラソンで優勝した林田洋翔を5区に配置して2017年以来の九州制覇を目指す。 そのほか、黒崎播磨はマラソンで日本歴代6位の2時間6分35秒を持つ細谷恭平を5区に起用。九電工は3区にベテランの窪田忍、トヨタ自動車九州は今年の箱根駅伝で6区区間賞の快走を見せた順大卒の牧瀬圭斗を3区に置いた。 大会は福岡県北九州市の本城競技場を発着点とするコースで行われ、11月3日9時にスタート。来年の元日に行われる全日本実業団対抗駅伝の予選を兼ねており、上位8チームに出場権が与えられる。 ■前回上位5チームの区間オーダー 旭化成(村山謙太、キプランガット・デービス、市田孝、茂木圭次郎、今井崇人、鈴木聖人、土方英和) 三菱重工(定方俊樹、クレオファス・カンディエ、的野遼大、近藤亮太、林田洋翔、目良隼人、井上大仁) 黒崎播磨(田村友佑、ジョエル・ムァゥラ、土井大輔、田村友伸、細谷恭平、長倉奨美、中村優吾) 九電工(中村信一郎、ベナード・コエチ、窪田忍、堀尾謙介、住吉秀昭、赤﨑暁、大塚祥平) トヨタ自動車九州(横田玖磨、アントニー・マイナ、牧瀬圭斗、右田綺羅、改木悠真、今井篤弥、大津顕杜) ■第59回九州実業団毎日駅伝出場チーム 旭化成A 三菱重工 黒崎播磨 九電工 トヨタ自動車九州 安川電機 西鉄 戸上電機製作所 ひらまつ病院 京セラ鹿児島 日置市役所 大分選抜 国分自衛隊 旭化成延岡 IBUSUKI.R.B 佐賀陸協選抜 ※オープン 実業団混成チームA 実業団混成チームB 実業団混成チームC

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top