HOME 国内

2022.11.02

砲丸投・中村太地が現役引退 18年に回転投法で18m85の日本新 「日本記録が投げられたのは、携わっていただいた方々のお陰です」
砲丸投・中村太地が現役引退 18年に回転投法で18m85の日本新 「日本記録が投げられたのは、携わっていただいた方々のお陰です」

ミズノは男子砲丸投の中村太地が現役を引退すると発表した。

茨城県出身の29歳。笠間高時代は円盤投、砲丸投、ハンマー投に取り組み、高3時は円盤投でインターハイと国体で優勝し、ユース五輪にも出場した。

国士大に進学後は日本では数少なかった回転投法を駆使して砲丸投をメインに活躍。卒業後は教育活動指導職員として勤務しながらチームミズノアスレティック所属に。17年5月に自身初の大台となる18m55を投げた。同年7月にはアジア選手権に出場して18m46で5位。これは国外の日本人最高記録として残る。

翌年5月には18m85の日本記録を樹立した。回転投法での日本記録は野沢具隆に続き、日本では2人目。8月からミズノ所属に昇格した。20年以降は17m台にとどまっており、今季は日本選手権7位。最後の主要大会となった栃木国体は8位だった。6日に出場する国士大記録会が現役最後の試合となる。

175cmと小柄ながら、ウエイトトレーニングで鍛えた身体を巧みに使った回転投法で、日本の砲丸投の歴史を動かした一人だった。

中村はミズノを通じ、「日本記録を更新することを目標に、必死に練習に取り組み、2018年5月の大阪セイコー陸上では念願の日本記録を更新することができました。この記録が投げられたのは、今まで携わって頂いた方々のお陰です。本当に感謝しきれません。ありがとうございました」とコメント。今後は教員を目指すという。

■中村太地コメント全文
「今シーズンで、18年間続けてきた陸上競技を引退することを決めました。日本記録を更新することを目標に、必死に練習に取り組み、2018年5月の大阪セイコー陸上では、念願の日本記録を更新することができました。この記録が投げられたのは、今まで携わって頂いた方々のお陰です。本当に感謝しきれません。ありがとうございました。引退後は、教員、指導者の道を歩んでいきたいと思っています。これからも精一杯、色々なことに挑戦していきたいと思います」

ミズノは男子砲丸投の中村太地が現役を引退すると発表した。 茨城県出身の29歳。笠間高時代は円盤投、砲丸投、ハンマー投に取り組み、高3時は円盤投でインターハイと国体で優勝し、ユース五輪にも出場した。 国士大に進学後は日本では数少なかった回転投法を駆使して砲丸投をメインに活躍。卒業後は教育活動指導職員として勤務しながらチームミズノアスレティック所属に。17年5月に自身初の大台となる18m55を投げた。同年7月にはアジア選手権に出場して18m46で5位。これは国外の日本人最高記録として残る。 翌年5月には18m85の日本記録を樹立した。回転投法での日本記録は野沢具隆に続き、日本では2人目。8月からミズノ所属に昇格した。20年以降は17m台にとどまっており、今季は日本選手権7位。最後の主要大会となった栃木国体は8位だった。6日に出場する国士大記録会が現役最後の試合となる。 175cmと小柄ながら、ウエイトトレーニングで鍛えた身体を巧みに使った回転投法で、日本の砲丸投の歴史を動かした一人だった。 中村はミズノを通じ、「日本記録を更新することを目標に、必死に練習に取り組み、2018年5月の大阪セイコー陸上では念願の日本記録を更新することができました。この記録が投げられたのは、今まで携わって頂いた方々のお陰です。本当に感謝しきれません。ありがとうございました」とコメント。今後は教員を目指すという。 ■中村太地コメント全文 「今シーズンで、18年間続けてきた陸上競技を引退することを決めました。日本記録を更新することを目標に、必死に練習に取り組み、2018年5月の大阪セイコー陸上では、念願の日本記録を更新することができました。この記録が投げられたのは、今まで携わって頂いた方々のお陰です。本当に感謝しきれません。ありがとうございました。引退後は、教員、指導者の道を歩んでいきたいと思っています。これからも精一杯、色々なことに挑戦していきたいと思います」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top