HOME 高校

2022.10.31

佐久長聖が1区吉岡大翔から3連続区間新で25連覇 女子は長野東1時間9分14秒でV16/長野県高校駅伝
佐久長聖が1区吉岡大翔から3連続区間新で25連覇 女子は長野東1時間9分14秒でV16/長野県高校駅伝


長野県高校駅伝は10月30日、大町市運動公園陸上競技場発着のコースで行われ、男子(7区間42.195km)は佐久長聖が2時間4分10秒で25連覇を果たし、女子(5区間21.0975km)は長野東が1時間9分14秒で16連覇を達成。男女ともに優勝校が区間賞を独占するとともに、いずれも大会歴代2位となる好パフォーマンスを演じた。

佐久長聖は1区(10km)を務めたエースの吉岡大翔(3年)が序盤から果敢に攻めた。U20世界選手権5000m7位入賞の走力を発揮し、前半は下り基調、後半は上り基調の難コースで28分43秒をマーク。先輩の中谷雄飛(現・SGホールディングス)が持つ区間記録を5年ぶりに20秒更新した。

さらに、2区(3km)の松尾悠登(3年)が8分18秒、3区(8.1075km)の永原颯磨(2年)が23分40秒と立て続けに区間新。4区以降も独走し、今回も盤石のレースで完勝した。

吉岡は「中盤以降の上りがかなりきつかったんですが、何とか耐え抜いて28分台を出せたことは良かったです」と個人の走りを振り返る一方、チームの主将として、「今回は3区までが好タイムでしたが、都大路では7人全員がベストパフォーマンスを発揮できるようにしっかりと取り組んでいきたいです」と力を込めた。

長野東は、インターハイ1500m8位の名和夏乃子(2年)が1区(6km)を務め、エースの村岡美玖(3年)が5区(5km)に回るオーダー。その名和が区間記録に15秒と迫る19分37秒で快走すると、3区(3km)の窪田舞(1年)が9分32秒、アンカーの村岡が16分21秒といずれも区間新をマークした。

昨年の全国大会1区で3位と好走した村岡は今季不調が続いていたが、「新鮮な気持ちでタイムやペースを意識せず、リラックスして楽しく走ることができました」と復活をアピール。3度目の都大路へ「今年も1区を走りたいです。確実に相手と差をつけ、チームを勢いづけたいです」と再び闘志をみなぎらせている。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/永田真樹

長野県高校駅伝は10月30日、大町市運動公園陸上競技場発着のコースで行われ、男子(7区間42.195km)は佐久長聖が2時間4分10秒で25連覇を果たし、女子(5区間21.0975km)は長野東が1時間9分14秒で16連覇を達成。男女ともに優勝校が区間賞を独占するとともに、いずれも大会歴代2位となる好パフォーマンスを演じた。 佐久長聖は1区(10km)を務めたエースの吉岡大翔(3年)が序盤から果敢に攻めた。U20世界選手権5000m7位入賞の走力を発揮し、前半は下り基調、後半は上り基調の難コースで28分43秒をマーク。先輩の中谷雄飛(現・SGホールディングス)が持つ区間記録を5年ぶりに20秒更新した。 さらに、2区(3km)の松尾悠登(3年)が8分18秒、3区(8.1075km)の永原颯磨(2年)が23分40秒と立て続けに区間新。4区以降も独走し、今回も盤石のレースで完勝した。 吉岡は「中盤以降の上りがかなりきつかったんですが、何とか耐え抜いて28分台を出せたことは良かったです」と個人の走りを振り返る一方、チームの主将として、「今回は3区までが好タイムでしたが、都大路では7人全員がベストパフォーマンスを発揮できるようにしっかりと取り組んでいきたいです」と力を込めた。 長野東は、インターハイ1500m8位の名和夏乃子(2年)が1区(6km)を務め、エースの村岡美玖(3年)が5区(5km)に回るオーダー。その名和が区間記録に15秒と迫る19分37秒で快走すると、3区(3km)の窪田舞(1年)が9分32秒、アンカーの村岡が16分21秒といずれも区間新をマークした。 昨年の全国大会1区で3位と好走した村岡は今季不調が続いていたが、「新鮮な気持ちでタイムやペースを意識せず、リラックスして楽しく走ることができました」と復活をアピール。3度目の都大路へ「今年も1区を走りたいです。確実に相手と差をつけ、チームを勢いづけたいです」と再び闘志をみなぎらせている。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。 文/永田真樹

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top