HOME 高校

2022.10.10

高1・鈴木琉胤3000m8分01秒26!!!高校歴代3位の快走「負けるわけにいかない」 2位濵口大和も高1歴代2位/栃木国体
高1・鈴木琉胤3000m8分01秒26!!!高校歴代3位の快走「負けるわけにいかない」 2位濵口大和も高1歴代2位/栃木国体

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)5日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会最終日に行われた少年男子B3000mで好記録が続出した。

広告の下にコンテンツが続きます

衝撃の記録が誕生した。高校1年生の鈴木琉胤(千葉・八千代松陰高)が8分01秒26をマーク。従来の高1歴代最高(8分13秒94)を大きく上回るだけでなく、高校歴代3位に入る快走だった。

「昨年の全中も勝っていて、3000mは得意種目。負けるわけにはいかない」。中学記録8分15秒04を持つ増子陽太(福島・鏡石中3)を意識しつつ、戦えることを楽しみにもしていた。

スタート直後から「中学生に引かすわけにはいかない。前に出てペースを作る」とすぐさま先頭へ。400mを63秒で通過する。600m付近から鈴木と濵口大和(長野・佐久長聖高1)が徐々に2人で引くようになり、増子が単独で3番手を追走。1000m2分39秒で通過し「目標の8分00秒がいけそう」と手応えをつかんだ。

どんな大会でも先頭を引っ張る積極性が持ち味。後ろは気にせずどんどんとペースを上げる。2000m5分24秒。2人がレース作るが、ラストスパートを仕掛けた鈴木が差を広げてフィニッシュした。「最後はお尻がつりそうでした」と笑うが、快走劇に大きな拍手が送られた。

広告の下にコンテンツが続きます

「僕の自己ベスト(8分18秒70)よりも増子君の中学記録のほうが速かったですが、中学生には負けられないという高校生の意地でした」

中学時代はサッカー部だったが、どんどんと走りにのめり込んだ鈴木。昨年は全中3000mで優勝した。高校進学後も名門で力をつけ、1年生ながらインターハイ6位に入っている。

目標とするのは佐藤圭汰(洛南高、現・駒大)。「僕が陸上を始めたときからあこがれ」。高校3年間で佐藤の持つ1500m3分37秒18、3000m7分50秒81、5000m13分31秒19の高校記録を「一つずつ塗り替えていきたいです」と目を輝かせる。今後は「大好き」だという駅伝シーズン。来季は距離を延ばして5000mでも戦っていく。

また、2位に入った濵口も従来の高1最高記録を上回る8分07秒66でフィニッシュした。

広告の下にコンテンツが続きます

■男子3000m高校歴代10傑
7.50.81 佐藤 圭汰(洛南3京都)   2021.11.21
7.59.18 遠藤 日向(学法石川3福島) 2016.10.16
8.01.26 鈴木 琉胤(八千代松陰1千葉)2022.10.10
8.01.29 吉岡 大翔(佐久長聖3長野) 2022. 4.29
8.04.99 大森龍之介(佐野日大3栃木) 2016. 9.17
8.05.28 長嶋 幸宝(西脇工3兵庫)  2022. 4.10
8.05.82 佐藤 悠基(佐久長聖3長野) 2004. 6. 5
8.06.06 南坂 柚汰(倉敷3岡山)   2022. 9.10
8.06.44 吉居 大和(仙台育英3宮城) 2019. 4.28
8.06.61 中谷 雄飛(佐久長聖3長野) 2017. 9. 9

■男子3000m高1歴代5傑
8.01.26 鈴木 琉胤(八千代松陰・千葉) 2022.10.10
8.07.66 濵口 大和(佐久長聖高・長野) 2022.10.10
8.13.94 三田 裕介(豊川工・愛知)   2005.10.26
8.15.01 植阪 嶺児(智辯カレッジ・奈良)2020. 9. 6
8.16.17 小山 翔也(埼玉栄・埼玉)   2021. 3.28

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)5日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会最終日に行われた少年男子B3000mで好記録が続出した。 衝撃の記録が誕生した。高校1年生の鈴木琉胤(千葉・八千代松陰高)が8分01秒26をマーク。従来の高1歴代最高(8分13秒94)を大きく上回るだけでなく、高校歴代3位に入る快走だった。 「昨年の全中も勝っていて、3000mは得意種目。負けるわけにはいかない」。中学記録8分15秒04を持つ増子陽太(福島・鏡石中3)を意識しつつ、戦えることを楽しみにもしていた。 スタート直後から「中学生に引かすわけにはいかない。前に出てペースを作る」とすぐさま先頭へ。400mを63秒で通過する。600m付近から鈴木と濵口大和(長野・佐久長聖高1)が徐々に2人で引くようになり、増子が単独で3番手を追走。1000m2分39秒で通過し「目標の8分00秒がいけそう」と手応えをつかんだ。 どんな大会でも先頭を引っ張る積極性が持ち味。後ろは気にせずどんどんとペースを上げる。2000m5分24秒。2人がレース作るが、ラストスパートを仕掛けた鈴木が差を広げてフィニッシュした。「最後はお尻がつりそうでした」と笑うが、快走劇に大きな拍手が送られた。 「僕の自己ベスト(8分18秒70)よりも増子君の中学記録のほうが速かったですが、中学生には負けられないという高校生の意地でした」 中学時代はサッカー部だったが、どんどんと走りにのめり込んだ鈴木。昨年は全中3000mで優勝した。高校進学後も名門で力をつけ、1年生ながらインターハイ6位に入っている。 目標とするのは佐藤圭汰(洛南高、現・駒大)。「僕が陸上を始めたときからあこがれ」。高校3年間で佐藤の持つ1500m3分37秒18、3000m7分50秒81、5000m13分31秒19の高校記録を「一つずつ塗り替えていきたいです」と目を輝かせる。今後は「大好き」だという駅伝シーズン。来季は距離を延ばして5000mでも戦っていく。 また、2位に入った濵口も従来の高1最高記録を上回る8分07秒66でフィニッシュした。 ■男子3000m高校歴代10傑 7.50.81 佐藤 圭汰(洛南3京都)   2021.11.21 7.59.18 遠藤 日向(学法石川3福島) 2016.10.16 8.01.26 鈴木 琉胤(八千代松陰1千葉)2022.10.10 8.01.29 吉岡 大翔(佐久長聖3長野) 2022. 4.29 8.04.99 大森龍之介(佐野日大3栃木) 2016. 9.17 8.05.28 長嶋 幸宝(西脇工3兵庫)  2022. 4.10 8.05.82 佐藤 悠基(佐久長聖3長野) 2004. 6. 5 8.06.06 南坂 柚汰(倉敷3岡山)   2022. 9.10 8.06.44 吉居 大和(仙台育英3宮城) 2019. 4.28 8.06.61 中谷 雄飛(佐久長聖3長野) 2017. 9. 9 ■男子3000m高1歴代5傑 8.01.26 鈴木 琉胤(八千代松陰・千葉) 2022.10.10 8.07.66 濵口 大和(佐久長聖高・長野) 2022.10.10 8.13.94 三田 裕介(豊川工・愛知)   2005.10.26 8.15.01 植阪 嶺児(智辯カレッジ・奈良)2020. 9. 6 8.16.17 小山 翔也(埼玉栄・埼玉)   2021. 3.28

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top