HOME 国内、大学

2022.09.12

立命大が歓喜のマイルリレー連覇!山本亜美は400mHと2冠に涙/日本IC
立命大が歓喜のマイルリレー連覇!山本亜美は400mHと2冠に涙/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目

広告の下にコンテンツが続きます

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの最終日が行われた。女子のフィナーレを飾る4×400mリレーは、2走でトップに立った立命大がそのまま逃げ切り、3分38秒43の好タイムで前回の初優勝に続く2連覇を果たした。

メンバーはそのままながら予選から走順を入れ替えて臨んだ立命大。「決勝に残ったどのチームとも差がなくて混戦になると思っていたので、レース展開を予想し、少しでも個々がより持ち味を発揮できる走順をコーチや仲間と話し合って決めました」。ただ1人昨年の優勝を経験している工藤芽衣がその理由を説明する。

予選は1走から順に吉岡里奈、山本亜美、工藤、そして初日の400mで5位に食い込んでいる松尾季奈で臨み3分42秒67で4組1位で通過。決勝は当初、関西インカレ決勝時と同様、松尾、山本、吉岡、工藤とつなぐ予定だったが、工藤が「高校時代から走っていて慣れている」ことと「追いかけてこそ力を出せるタイプ」ことを考慮して昨年同様の2走に入って流れを作った。

予選の2走からアンカーへと代わった山本も高校時代から慣れ親しんだ走順。その経験を重視したオーダーがズバリと当たった。

広告の下にコンテンツが続きます

決勝の序盤は1走に400m覇者の森山静穂を投入した福岡大が大きくリードを奪うも、2走の工藤が、「前半は無理せず、ラストの直線でトップに立つ想定通りの走りができました」と話すように、徐々に福岡大との差を詰めて、身体一つリードを奪い先頭で3走の吉岡へとバトンをつないだ。

その後も、混戦となる2位争いを尻目にリードを広げた立命大。直前の400mハードルでVを飾り勢いに乗るアンカーの山本へ。「高校時代に叶わなかったマイルリレーで日本一を取りたくて立命大への進学を決めた」という山本。昨年はケガもあって「400mハードルもダメで、マイルもメンバーに入ることができずチームに貢献できませんでしたが、今年はスタート前から走れる喜びをかみしめながら全力で挑みました」と涙を浮かべる。

5位から順位を上げて2位に上がってきたのは、高校時代のチームメートで400mで2位に食い込んでいる園田学園女大の安達茉鈴。「絶対に抜かせない」。怒濤の追い上げを封じて歓喜のフィニッシュを飾った。

メンバーただ1人の4年生の松尾は、「個人の400mは優勝を狙って最初から突っ込むレースをして結果が残せなかったので、マイルはペース配分を考え自分らしいレースができたと思います。いい仲間に恵まれ日本一が取れてうれしい」と、こちらも目頭を熱くした。

広告の下にコンテンツが続きます

地元・京都で7年ぶりの総合Vを狙ったが、最終日まで優勝がなく苦戦を強いられた立命大。それでも最終日に2種目を制して意地を見せた。松尾を除く3人が残る来年も、「3連覇を目指します」と口をそろえるメンバーたち。45点で5位に終わった総合のリベンジも含め、さらなる飛躍を誓った。

400mHも制した山本亜美

文/花木 雫

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)3日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの最終日が行われた。女子のフィナーレを飾る4×400mリレーは、2走でトップに立った立命大がそのまま逃げ切り、3分38秒43の好タイムで前回の初優勝に続く2連覇を果たした。 メンバーはそのままながら予選から走順を入れ替えて臨んだ立命大。「決勝に残ったどのチームとも差がなくて混戦になると思っていたので、レース展開を予想し、少しでも個々がより持ち味を発揮できる走順をコーチや仲間と話し合って決めました」。ただ1人昨年の優勝を経験している工藤芽衣がその理由を説明する。 予選は1走から順に吉岡里奈、山本亜美、工藤、そして初日の400mで5位に食い込んでいる松尾季奈で臨み3分42秒67で4組1位で通過。決勝は当初、関西インカレ決勝時と同様、松尾、山本、吉岡、工藤とつなぐ予定だったが、工藤が「高校時代から走っていて慣れている」ことと「追いかけてこそ力を出せるタイプ」ことを考慮して昨年同様の2走に入って流れを作った。 予選の2走からアンカーへと代わった山本も高校時代から慣れ親しんだ走順。その経験を重視したオーダーがズバリと当たった。 決勝の序盤は1走に400m覇者の森山静穂を投入した福岡大が大きくリードを奪うも、2走の工藤が、「前半は無理せず、ラストの直線でトップに立つ想定通りの走りができました」と話すように、徐々に福岡大との差を詰めて、身体一つリードを奪い先頭で3走の吉岡へとバトンをつないだ。 その後も、混戦となる2位争いを尻目にリードを広げた立命大。直前の400mハードルでVを飾り勢いに乗るアンカーの山本へ。「高校時代に叶わなかったマイルリレーで日本一を取りたくて立命大への進学を決めた」という山本。昨年はケガもあって「400mハードルもダメで、マイルもメンバーに入ることができずチームに貢献できませんでしたが、今年はスタート前から走れる喜びをかみしめながら全力で挑みました」と涙を浮かべる。 5位から順位を上げて2位に上がってきたのは、高校時代のチームメートで400mで2位に食い込んでいる園田学園女大の安達茉鈴。「絶対に抜かせない」。怒濤の追い上げを封じて歓喜のフィニッシュを飾った。 メンバーただ1人の4年生の松尾は、「個人の400mは優勝を狙って最初から突っ込むレースをして結果が残せなかったので、マイルはペース配分を考え自分らしいレースができたと思います。いい仲間に恵まれ日本一が取れてうれしい」と、こちらも目頭を熱くした。 地元・京都で7年ぶりの総合Vを狙ったが、最終日まで優勝がなく苦戦を強いられた立命大。それでも最終日に2種目を制して意地を見せた。松尾を除く3人が残る来年も、「3連覇を目指します」と口をそろえるメンバーたち。45点で5位に終わった総合のリベンジも含め、さらなる飛躍を誓った。 400mHも制した山本亜美 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top