HOME 国内

2022.08.21

4年目迎えた福井ナイター陸上 雷雨に負けじと日本代表勢中心に夏の夜を彩る/福井ナイトゲームズ
4年目迎えた福井ナイター陸上 雷雨に負けじと日本代表勢中心に夏の夜を彩る/福井ナイトゲームズ

◇Athlete Night Games in FUKUI2022(8月20日/福井県営9.98スタジアム)

広告の下にコンテンツが続きます

福井陸協がクラウドファンディングなどを活用して開催にこぎ着けたナイター競技会の「Athlete Night Games in FUKUI2022」は、今年で4回目を迎えた。

今回は雷雨により競技開始が1時間遅れるなど悪天候に悩まされたが、そんなムードを吹き飛ばすようなパフォーマンスが展開。トラックや投てき・跳躍ピットの近くで見られる観客席はトップ選手の活躍に酔いしれた。

最初に行われたのは男子やり投。ウォーミングアップ途中で雷雨となり中断したが、影響を感じさせない好記録が続いた。ケガに悩まされてきた新井涼平(スズキ)が今季日本最高となる82m99で復活V。2位・ディーン元気(ミズノ)、3位・小椋健司(栃木県スポ協)とオレゴン世界選手権代表勢が続いた。

これで会場の雰囲気が変わると、男子110mハードルでは19年の大会で当時の日本記録(13秒25)をマークしている高山峻野(ゼンリン)が13秒36(+0.4)の好記録で優勝。女子100mハードルでは青木益未(七十七銀行)が12秒92(-0.1)で優勝し、同タイムで福部真子(日本建設工業)が2位と、世界選手権準決勝進出の2人が強さを見せた。

広告の下にコンテンツが続きます

女子100mでは君嶋愛梨沙(土木管理総合)が11秒40(+0.6)で優勝。フィナーレを飾る男子100mは、オレゴン世界選手権で準決勝に進んでいる坂井隆一郎(大阪ガス)が、デーデー・ブルーノ(セイコー)を抑えて10秒21(±0)でトップに立った。

第1回大会の19年に日本記録が連発するなど盛り上がりを見せてきたAthlete Night Games。今年もオレゴン世界選手権代表勢を中心に福井の夏を彩った。立案者の一人である福井陸協の木原靖之・専務理事は「来年はずっと計画しているようにバドミントンや卓球、競泳など他競技とコラボして盛り上げていきたい」と来年度以降への思いを語っている。

■Athlete Night Games優勝者一覧
・男子
100m 坂井隆一郎(大阪ガス)10秒21(±0)
110mH 高山峻野(ゼンリン)13秒36(+0.4)
走幅跳 松本彗佑(極東油業)7m70(+0.2)
やり投 新井涼平(スズキ) 82m99
・女子
100m 君嶋愛梨沙(土木管理総合)11秒40(+0.6)=大会新
100mH 青木益未(七十七銀行)12秒92(-0.1)=大会新
走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業)6m49(0.2)

◇Athlete Night Games in FUKUI2022(8月20日/福井県営9.98スタジアム) 福井陸協がクラウドファンディングなどを活用して開催にこぎ着けたナイター競技会の「Athlete Night Games in FUKUI2022」は、今年で4回目を迎えた。 今回は雷雨により競技開始が1時間遅れるなど悪天候に悩まされたが、そんなムードを吹き飛ばすようなパフォーマンスが展開。トラックや投てき・跳躍ピットの近くで見られる観客席はトップ選手の活躍に酔いしれた。 最初に行われたのは男子やり投。ウォーミングアップ途中で雷雨となり中断したが、影響を感じさせない好記録が続いた。ケガに悩まされてきた新井涼平(スズキ)が今季日本最高となる82m99で復活V。2位・ディーン元気(ミズノ)、3位・小椋健司(栃木県スポ協)とオレゴン世界選手権代表勢が続いた。 これで会場の雰囲気が変わると、男子110mハードルでは19年の大会で当時の日本記録(13秒25)をマークしている高山峻野(ゼンリン)が13秒36(+0.4)の好記録で優勝。女子100mハードルでは青木益未(七十七銀行)が12秒92(-0.1)で優勝し、同タイムで福部真子(日本建設工業)が2位と、世界選手権準決勝進出の2人が強さを見せた。 女子100mでは君嶋愛梨沙(土木管理総合)が11秒40(+0.6)で優勝。フィナーレを飾る男子100mは、オレゴン世界選手権で準決勝に進んでいる坂井隆一郎(大阪ガス)が、デーデー・ブルーノ(セイコー)を抑えて10秒21(±0)でトップに立った。 第1回大会の19年に日本記録が連発するなど盛り上がりを見せてきたAthlete Night Games。今年もオレゴン世界選手権代表勢を中心に福井の夏を彩った。立案者の一人である福井陸協の木原靖之・専務理事は「来年はずっと計画しているようにバドミントンや卓球、競泳など他競技とコラボして盛り上げていきたい」と来年度以降への思いを語っている。 ■Athlete Night Games優勝者一覧 ・男子 100m 坂井隆一郎(大阪ガス)10秒21(±0) 110mH 高山峻野(ゼンリン)13秒36(+0.4) 走幅跳 松本彗佑(極東油業)7m70(+0.2) やり投 新井涼平(スズキ) 82m99 ・女子 100m 君嶋愛梨沙(土木管理総合)11秒40(+0.6)=大会新 100mH 青木益未(七十七銀行)12秒92(-0.1)=大会新 走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業)6m49(0.2)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top