HOME 中学

2022.08.21

6mジャンパーの成澤柚日が走幅跳で史上4人目の連覇達成!次の目標は「常に自己ベストを跳ぶこと」/福島全中
6mジャンパーの成澤柚日が走幅跳で史上4人目の連覇達成!次の目標は「常に自己ベストを跳ぶこと」/福島全中


◇福島全中(8月18日~21日/福島・県営あづま競技場)3日目

1年前の茨城全中で2年生ながら女子走幅跳を制した成澤柚日(薮塚本町3群馬)が、今大会でさらにパワーアップした跳躍を披露し、5m91(+1.9)で大会史上4人目の2連覇を果たした。喜びを爆発させることも涙にむせぶこともなく、「優勝できたことはうれしいですが、自己ベストを出したかったです」と、いつも通りに物静かな口調で思いを吐露した。

「最初の方はあまり身体が動きませんでした」と言いながら、1回目に5m61(+0.7)をマークし、トップに立った。2回目に寺本栞那(小浜二3福井)に差を詰められたが、3回目に5m78(+1.7)を跳んでリードを拡大。5回目に寺本に5cm差に迫られると、すぐさま5m91(+1.9)のビッグジャンプで勝負を決めた。後半にかけて「助走のスピードに乗れるように意識した」ことが勝因の1つになった。

昨年6月に昨季の中学最高となる5m91をマークして以降、次の目標を6mに置いてきた。しかし、その後は5m80台は跳べても、大台には届かない。いつしか自己記録もちょっとした壁になっていた。そこで冬季には坂ダッシュでスピードを強化。顧問の福田洋子先生は「走りに力強さが出てきました」と成澤の成長を見ていた。

今季に入り、取り組みの成果が少しずつ現れていく。6月の通信大会で5m74を跳んだ成澤は、7月の総体でセカンドベストとなる5m89。そして、8月10日の関東大会では、1.9mの追い風も味方にして中学歴代10位タイとなる6m00をマークし、ついに大台突破を果たした。優勝記録が5m85(+2.9)だった前回の全中後、成澤は「6mを跳びたかった。次の試合では絶対に6m」と話していたが、約1年2ヵ月ぶりの自己ベストだった。

今回の優勝後も次の目標を聞かれて、「常に自己ベストを跳ぶこと。できれば6m20ぐらいを跳びたいです」と答えたあたりも成澤らしい。おそらく今後も競技を続ける限り、「今より少しでも遠くに跳びたい」という一心で練習に取り組んでいくのだろう。その思いが成澤を着実に強くしていくはずだ。

文/小野哲史

◇3日目の優勝者
【男子】
400m  佐藤克樹(六日町3新潟) 48秒78
四種競技 千葉 遼(南方3宮城)  2920点
【女子】
走幅跳  成澤柚日(藪塚本町3群馬)5m91(+1.9)
四種競技 井上凪紗(北神戸3兵庫) 2965点

また、男子110mハードル予選で岩本咲真(八屋3福岡)が13秒60(+1.1)の日本中学記録を樹立した。

◇福島全中(8月18日~21日/福島・県営あづま競技場)3日目 1年前の茨城全中で2年生ながら女子走幅跳を制した成澤柚日(薮塚本町3群馬)が、今大会でさらにパワーアップした跳躍を披露し、5m91(+1.9)で大会史上4人目の2連覇を果たした。喜びを爆発させることも涙にむせぶこともなく、「優勝できたことはうれしいですが、自己ベストを出したかったです」と、いつも通りに物静かな口調で思いを吐露した。 「最初の方はあまり身体が動きませんでした」と言いながら、1回目に5m61(+0.7)をマークし、トップに立った。2回目に寺本栞那(小浜二3福井)に差を詰められたが、3回目に5m78(+1.7)を跳んでリードを拡大。5回目に寺本に5cm差に迫られると、すぐさま5m91(+1.9)のビッグジャンプで勝負を決めた。後半にかけて「助走のスピードに乗れるように意識した」ことが勝因の1つになった。 昨年6月に昨季の中学最高となる5m91をマークして以降、次の目標を6mに置いてきた。しかし、その後は5m80台は跳べても、大台には届かない。いつしか自己記録もちょっとした壁になっていた。そこで冬季には坂ダッシュでスピードを強化。顧問の福田洋子先生は「走りに力強さが出てきました」と成澤の成長を見ていた。 今季に入り、取り組みの成果が少しずつ現れていく。6月の通信大会で5m74を跳んだ成澤は、7月の総体でセカンドベストとなる5m89。そして、8月10日の関東大会では、1.9mの追い風も味方にして中学歴代10位タイとなる6m00をマークし、ついに大台突破を果たした。優勝記録が5m85(+2.9)だった前回の全中後、成澤は「6mを跳びたかった。次の試合では絶対に6m」と話していたが、約1年2ヵ月ぶりの自己ベストだった。 今回の優勝後も次の目標を聞かれて、「常に自己ベストを跳ぶこと。できれば6m20ぐらいを跳びたいです」と答えたあたりも成澤らしい。おそらく今後も競技を続ける限り、「今より少しでも遠くに跳びたい」という一心で練習に取り組んでいくのだろう。その思いが成澤を着実に強くしていくはずだ。 文/小野哲史 ◇3日目の優勝者 【男子】 400m  佐藤克樹(六日町3新潟) 48秒78 四種競技 千葉 遼(南方3宮城)  2920点 【女子】 走幅跳  成澤柚日(藪塚本町3群馬)5m91(+1.9) 四種競技 井上凪紗(北神戸3兵庫) 2965点 また、男子110mハードル予選で岩本咲真(八屋3福岡)が13秒60(+1.1)の日本中学記録を樹立した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top