月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

3000mの佐藤と吉岡、3000m障害の黒田と大沼、ハンマー投の村上が決勝へ テボゴが200m予選19秒99/U20世界選手権DAY3


◇U20世界選手権(8月1日~6日/コロンビア・カリ)3日目

U20世界選手権3日目、日本勢に決勝はなく、各種目の予選や準決勝に選手が出場した。

男子3000m予選では1組の吉岡大翔(佐久長聖高3長野)が8分15秒95で5着に入ると、2組の佐藤圭汰(駒大)も8分00秒17で5着。そろって5日(日本時間6日朝)に行われる決勝に進出した。

男子3000m障害予選は、2組の大沼良太郎(城西大)が9分00秒02で3着に入り、着順で通過すると、3組に出場した黒田朝日(青学大)は8分51秒04で5着ながら、プラスで拾われ、2人が6日(日本時間7日朝)の決勝へ駒を進めた。

女子ハンマー投予選の村上来花(九州共立大)はA組で61m28を放ち5位。通過記録の62m00には届かなかったが、B組と合わせた総合では10位で、日本勢ではこの種目初の決勝進出。決勝は5日に行われる。

この他、男子400mハードル予選では3組の森髙颯治朗(近大)が51秒04で2着、4組の小川大輝(東洋大)は51秒52で4着に入り、準決勝進出。女子走幅跳予選では近藤いおん(城西高1東京/流山ホークアイ)が6m01(-0.5)でA組13位に終わり、決勝に進むことはできなかった。

また、女子400mハードル準決勝に進んだ松岡萌絵(中大)は3組3着(58秒30)で敗退。男子400m準決勝に出場した友田真隆(東理大)は46秒62で3組4着、有田詞音(九州共立大)は47秒97で1組8着と、いずれも決勝には届かなかった。

海外勢では男子100mを9秒94のU20世界新で2連覇を飾ったL.テボゴ(ボツワナ)が200m予選でU20世界歴代3位、大会新の19秒99(+0.4)をマーク。準決勝も20秒23(-1.2)で通過した。

また、女子100m決勝は前回覇者のT.クレイトン(ジャマイカ)がU20世界歴代5位、大会新記録の10秒95(-0.1)で2連覇を飾った。

DAY4は午前セッションが4日9時(日本時間4日23時)から、午後セッションは15時(日本時間5日5時)から。日本勢では男子が800m予選、4×100mリレー予選、棒高跳決勝に、女子は1500m予選に出場する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com