月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

来年開催の東京、大阪、別大、大阪国際女子、名古屋ウィメンズがJMCシリーズ対象大会に


日本陸連は8月4日、ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)の第2期について、新たに来年開催される5大会が加盟したと発表した。

加盟した大会は、第42回大阪国際女子マラソン(女子/1月29日)、第71回別府大分毎日マラソン(男子/2月5日)、大阪マラソン(男女/2月26日)、東京マラソン(男女/3月5日)、名古屋ウィメンズマラソン(女子/3月12日)。

このうち、大阪国際女子、別大、大阪の男子、東京の男女、名古屋ウィメンズはG1として、来年夏のブダペスト世界選手権の日本代表選手選考競技会や、来年秋予定のパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に向けて出場権を懸けたMGCチャレンジとして開催される。大阪マラソンの女子はG2として、MGCチャレンジのみとなる。

JMCシリーズ第2期ではすでに、8月28日の北海道マラソン2022(男女)、12月4日の福岡国際マラソン2022(男子)、12月4日の第53回防府読売マラソン(男子)がG1大会として加盟している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com