月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手団の坂井裕司コーチと役員1名が新型コロナ陽性 発熱などの症状も体調は安定/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

日本陸連は日本時間の7月24日、開催中のオレゴン世界選手権で新たに役員2名に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認されたことを発表した。これで日本選手団の陽性者は計19名となる。

陽性反応を示したのは坂井裕司コーチと役員1名。現地時間7月23日に発熱などの症状があり、検査を実施した。両名とも体調は安定しているという。

日本選手団ではすでに男子短距離の小池祐貴(住友電工)、男子マラソンの鈴木健吾(富士通)、女子マラソンの一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)が新型コロナ陽性で欠場したほか、競技を終えた男子110mハードルの泉谷駿介(順大)と男子400mハードルの岸本鷹幸(富士通)も陽性となった。また、山崎一彦監督を含めて役員13名からも陽性を確認。日本選手団ドクターと大会主催者の指示に従って、選手団との隔離のため別棟にて5日間(検査日を0日として翌日から5日間)の安静加療を行っている。

日本選手団は新型コロナワクチンを2回以上接種済み。出発時に成田空港にて抗原検査(定性)を受け陰性を確認した上で、出国している。また、出発時よりN95マスクを着用するなど、感染対策を強化していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com