月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「みんなでメダルを取りたい」男子マイルリレー19年ぶり決勝で日本新&初表彰台目指す!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレー予選。1組に入った日本は佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)のオーダーで臨んだ。

昨年の東京五輪では日本タイ記録(3分00秒76)をマークしながらも予選敗退。今大会はその雪辱を果たすべく、決勝進出を目標に掲げていた。

「日本記録を狙っていた」という佐藤。2019年ドーハ大会、東京五輪を制している米国に食らいついていく。日本選手権者の意地を見せる走りで駆け抜けた。

400mの個人には佐藤、ウォルシュ、川端の3人がフルエントリー。その中で1人だけ予選敗退となった川端は「個人では後半で悔しい思いをしたので」と反省を生かす。前半は海外勢についていくと、課題の後半で「(悔しさを)ぶつけようと思った」と粘りを見せて3走へ。この時点で日本は3位につけていた。

「前の2人がすごく良い順位で来てくれた」と続けてウォルシュも流れに乗っていく。東京五輪では400mに出場するも予選敗退で、4×400mリレーにも出場することができなかった。だが、今季の好調さを発揮して「冷静にいけた」と振り返る。残り100mでジャマイカと並んで、やや前に出ると2位でバトンを渡した。

初の世界大会となった中島。初日の男女混合は1走を務め、今回はアンカーを担った。「先輩たちが良い感じで持ってきてくれた。やるしかない」。気合を入れて走り出す。予選通過順位は組3位まで。ジャマイカ、トリニダードトバゴに中盤で先行される。だが、最後は必死に食らいつき、2位に浮上してフィニッシュした。

タイムは3分01秒53。狙っていた日本記録更新には及ばなかったものの、2003年パリ大会以来19年ぶりに決勝進出を果たし、4人は肩を組んで喜び合った。

全体でも2位となるタイムで予選を通過。「あとは攻めるレースをしてみんなでメダルを取りたい。この世代からマイルのレベルが変わってくると思うのでみなさん見届けてください。お願いします」(ウォルシュ)。

日本記録の更新と2004年アテネ五輪以来18年ぶりの世界大会入賞、さらにその先のメダルへ。決勝でも積極的なレースを見せて、歴史を塗り替えるつもりだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com