HOME 国内、世界陸上、日本代表
「みんなでメダルを取りたい」男子マイルリレー19年ぶり決勝で日本新&初表彰台目指す!/世界陸上
「みんなでメダルを取りたい」男子マイルリレー19年ぶり決勝で日本新&初表彰台目指す!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレー予選。1組に入った日本は佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)のオーダーで臨んだ。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年の東京五輪では日本タイ記録(3分00秒76)をマークしながらも予選敗退。今大会はその雪辱を果たすべく、決勝進出を目標に掲げていた。

「日本記録を狙っていた」という佐藤。2019年ドーハ大会、東京五輪を制している米国に食らいついていく。日本選手権者の意地を見せる走りで駆け抜けた。

400mの個人には佐藤、ウォルシュ、川端の3人がフルエントリー。その中で1人だけ予選敗退となった川端は「個人では後半で悔しい思いをしたので」と反省を生かす。前半は海外勢についていくと、課題の後半で「(悔しさを)ぶつけようと思った」と粘りを見せて3走へ。この時点で日本は3位につけていた。

「前の2人がすごく良い順位で来てくれた」と続けてウォルシュも流れに乗っていく。東京五輪では400mに出場するも予選敗退で、4×400mリレーにも出場することができなかった。だが、今季の好調さを発揮して「冷静にいけた」と振り返る。残り100mでジャマイカと並んで、やや前に出ると2位でバトンを渡した。

広告の下にコンテンツが続きます

初の世界大会となった中島。初日の男女混合は1走を務め、今回はアンカーを担った。「先輩たちが良い感じで持ってきてくれた。やるしかない」。気合を入れて走り出す。予選通過順位は組3位まで。ジャマイカ、トリニダードトバゴに中盤で先行される。だが、最後は必死に食らいつき、2位に浮上してフィニッシュした。

タイムは3分01秒53。狙っていた日本記録更新には及ばなかったものの、2003年パリ大会以来19年ぶりに決勝進出を果たし、4人は肩を組んで喜び合った。

全体でも2位となるタイムで予選を通過。「あとは攻めるレースをしてみんなでメダルを取りたい。この世代からマイルのレベルが変わってくると思うのでみなさん見届けてください。お願いします」(ウォルシュ)。

日本記録の更新と2004年アテネ五輪以来18年ぶりの世界大会入賞、さらにその先のメダルへ。決勝でも積極的なレースを見せて、歴史を塗り替えるつもりだ。

広告の下にコンテンツが続きます
◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目 オレゴン世界陸上9日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレー予選。1組に入った日本は佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)のオーダーで臨んだ。 昨年の東京五輪では日本タイ記録(3分00秒76)をマークしながらも予選敗退。今大会はその雪辱を果たすべく、決勝進出を目標に掲げていた。 「日本記録を狙っていた」という佐藤。2019年ドーハ大会、東京五輪を制している米国に食らいついていく。日本選手権者の意地を見せる走りで駆け抜けた。 400mの個人には佐藤、ウォルシュ、川端の3人がフルエントリー。その中で1人だけ予選敗退となった川端は「個人では後半で悔しい思いをしたので」と反省を生かす。前半は海外勢についていくと、課題の後半で「(悔しさを)ぶつけようと思った」と粘りを見せて3走へ。この時点で日本は3位につけていた。 「前の2人がすごく良い順位で来てくれた」と続けてウォルシュも流れに乗っていく。東京五輪では400mに出場するも予選敗退で、4×400mリレーにも出場することができなかった。だが、今季の好調さを発揮して「冷静にいけた」と振り返る。残り100mでジャマイカと並んで、やや前に出ると2位でバトンを渡した。 初の世界大会となった中島。初日の男女混合は1走を務め、今回はアンカーを担った。「先輩たちが良い感じで持ってきてくれた。やるしかない」。気合を入れて走り出す。予選通過順位は組3位まで。ジャマイカ、トリニダードトバゴに中盤で先行される。だが、最後は必死に食らいつき、2位に浮上してフィニッシュした。 タイムは3分01秒53。狙っていた日本記録更新には及ばなかったものの、2003年パリ大会以来19年ぶりに決勝進出を果たし、4人は肩を組んで喜び合った。 全体でも2位となるタイムで予選を通過。「あとは攻めるレースをしてみんなでメダルを取りたい。この世代からマイルのレベルが変わってくると思うのでみなさん見届けてください。お願いします」(ウォルシュ)。 日本記録の更新と2004年アテネ五輪以来18年ぶりの世界大会入賞、さらにその先のメダルへ。決勝でも積極的なレースを見せて、歴史を塗り替えるつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top