月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子やり投・上田百寧が初の世界舞台で貴重な経験!最終調整で左膝負傷「万全でなくて悔しい」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子やり投予選A組に出場した上田百寧(ゼンリン)は、左脚にテーピングを施し、左膝にはサポーターを付けた状態でピッとに立った。1投目を47m36で終えた後は、左脚を引きずる仕草を見せる。

日本での最終調整で左膝前十字靭帯を部分断裂する大ケガを負っていた。やり投において最も重要なブロック動作を担う左脚。まともに投げられる状態ではなかっただろう。

それでも、「他の選手や大会の雰囲気を見たかったので、ぎりぎりまであきらめずにやってきた」。2投目は50m70と記録を伸ばし、3投目は49m51。残り2回もしっかりと投げ切った。

A組の13位にとどまり、B組を待たずに予選敗退が決定。初の世界大会はほろ苦いものとなり、「万全ではなくて悔しいです」と唇をかむ。

小学校時代はドッジボールチームに所属し、全国3位に。福岡・前原西中で陸上を始め、最初に取り組んだのは短距離だった。その走力は、その後にスタートしたやり投のキャリアにおいて最大の武器になり、中村学園女高ではインターハイ3位に入っている。

福岡大では、男子砲丸投の元日本記録保持者・野口安忠監督の指導でさらに力をつけ、3年時に日本インカレを制覇した。昨年、日本歴代6位の61m75をマークし、いよいよ世界が見える。だが、東京五輪はワールドランキングのポイントでわずか1点届かず、出場は叶わなかった。

その悔しさをバネに、今季は主要大会で確実に結果を残し、日本選手権ではセカンドベストの61m20で自己最上位の2位を確保。ワールドランキングで念願の世界の舞台に立った。

将来のことを考えれば棄権の選択もあったかもしれないが、「(世界陸上に至るまでの)取り組みは経験になる」と前を向く上田。「しっかり治して帰ってきて、決勝に進みたい」と言葉に力を込めた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com