月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・武本紗栄が59m15!初出場ながら全体11番目で決勝進出!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子やり投予選。B組に出場した武本紗栄(佐賀県スポ協会)は2投目に59m15を放ち、予選通過ライン(62m50)には届かなかったものの、全体11番目で決勝進出を果たした。

武本は昨年6月に日本歴代4位の62m39をマーク。今年6月の日本選手権で3位に入り、ワールドランキングで初出場を決めていた。

日本勢では北口榛花(JAL)も決勝進出を決めており、日本時間23日10時20分から行われる決勝には日本人2名が出場する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com