月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5000m日本記録保持者・廣中璃梨佳 15分02秒03の7着 決勝進出ならずも序盤から果敢にレースを展開/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)6日目

オレゴン世界陸上6日目のイブニングセッションに行われた女子5000m予選。1組目に日本記録(14分52秒84)保持者の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が出場し、15分02秒03の7着に入った。

スタートから一気に先頭へ飛び出すと、1000mの通過が2分57秒とハイペースでレースを展開していく。4000m手前で2番手となると、徐々に海外勢がスピードアップ。廣中はやや順位を下げるもそこへ必死についていき7着に入ったが、2組が終了時点でタイムで拾われるプラスの5番以内に入れず決勝進出とはならなかった。

廣中は昨年の東京五輪10000mで7位入賞。今大会は2日目に行われた10000mにも出場し、日本歴代2位となる30分39秒71で12位に入る好走を見せていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com