月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH・黒川和樹は準決勝敗退も五輪から成長示す「まだまだ練習が必要です」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のイブニングセッションに行われた男子400mハードル準決勝。3組に出場した黒川和樹(法大)は49秒69で6着となり、決勝進出は果たせなかった。

「前半は攻めていけた」と話すように、バックストレートまでは世界の強豪相手に健闘。ただし、カーブのきつい1レーンだったこともあり、コーナーで徐々に後退していった。それでも予選の50秒02からしっかりとタイムを縮め、日本選手権2連覇の力を示した。

法大1年時だった2020年にU20日本歴代3位の49秒19をマークして注目を集めると、昨年は日本歴代10位タイの48秒68をマークして日本選手権を制覇。東京五輪にも出場した(予選落ち)。

今大会は予選で東京五輪銀メダルのライ・ベンジャミン(米国)、準決勝は東京五輪で史上初の45秒台(45秒94)に突入して金メダルに輝いたカールステン・ワルホルム(ノルウェー)ら世界のトップハードラーと同組となり、世界との差をしっかりと確認した。

「五輪よりは自分の走りができましたが、1レーンでも決勝に残らないといけません。まだまだ練習が必要です」と黒川。成長途上の21歳は、一歩一歩着実に世界のファイナルへと近づいている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com