月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

23歳の星岳は28km過ぎで遅れ、2時間13分46秒で38位/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子マラソン。23歳の星岳(コニカミノルタ)は2時間13分46秒で38位だった。

2月の大阪・びわ湖毎日統合大会を初マラソン日本最高の2時間7分31秒で優勝し、初の日本代表として出場した星。スタートから集団の後方につけてレースを進めた。1kmごとにペースが変化する揺さぶりにも食らいついたが、28km過ぎで約30人の先頭集団から後退。西山雄介(トヨタ自動車)らとの差が開いていった。

終盤もペースが落ち、苦しいレースが続く。結局、猛烈にペースが上がった先頭とは8分10秒差。それでも、新型コロナウイルス陽性反応で欠場した鈴木健吾(富士通)の分も力を振り絞って走り抜いた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com