月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子マラソンはエチオピアのトーラが金メダル!大会新記録の2時間05分35秒/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)2日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子マラソンは、タミラト・トーラ(エチオピア)が大会記録を1分19秒も上回る2時間05分35秒で金メダルに輝いた。

スタートは気温13度ほどの好条件ながら、かなりのスローペースで進み、5kmの通過が15分42秒。そこからは10kmが30分53秒で20kmが1時間00分53秒と少しずつペースが上がっていく。19年ドーハ大会王者のレリサ・デシサ(エチオピア)は中盤以降に集団から遅れ、小さな上げ下げもありつつ、30kmまで30人近くの集団で進んだ。

30kmから31kmのラップが2分53秒とペースが上がり、先頭集団が15人に絞られる。33km過ぎにトーラが仕掛けて一気にリードを奪うと、そのまま他を寄せつけずに強さを見せてトップでフィニッシュした。

トーラは17年ロンドン大会で銀メダルを獲得。今季は世界リスト3位の2時間04分14秒をマークしていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com