月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

西山雄介が世界選手権日本人最高タイムの2時間8分36秒で13位と健闘/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子マラソン。西山雄介(トヨタ自動車)は2時間8分36秒の13位でフィニッシュした。

初マラソンとなった今年2月の別府大分毎日マラソンを大会新の2時間7分47秒で制した西山は、30kmまで先頭集団でレースを進めた。31kmでタミラト・トーラ(エチオピア)が仕掛けたスパートに反応できずに遅れ、一時は17位に後退。しかし、その後は徐々に順位を上げ、世界選手権における日本人最高タイムでフィニッシュ。2回目のフルマラソンで健闘を見せた。

■男子マラソン上位成績
1位 タミラト・トーラ(エチオピア)      2時間5分36秒=大会新
2位 モシネト・ゲレメウ(エチオピア)     2時間6分44秒
3位 バシル・アブディ(ベルギー)       2時間6分48秒
4位 キャメロン・レビンス(カナダ)      2時間7分09秒
5位 ジョフリー・カムウォロル(ケニア)    2時間7分14秒
6位 セイフ・トゥラ(エチオピア)       2時間7分17秒
7位 ガブリエル・ゲラルド・ゲイ(タンザニア) 2時間7分31秒
8位 ダニエル・ド・ナシメント(ブラジル)   2時間7分35秒
13位 西山雄介(トヨタ自動車)         2時間8分35秒
38位 星  岳(コニカミノルタ)        2時間13分44秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com