月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

橋岡優輝が圧巻の8m18!「気楽にいって」全体トップで決勝へ「120%以上の力を出す」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子走幅跳で、日本選手団の男子主将を務める橋岡優輝(富士通)が8m18(+0.4)を跳んで予選を突破した。橋岡はこれで19年ドーハに続いて2大会連続の決勝進出となる。

橋岡の第一声は「ホッとしています。決勝に進むことが第一歩」。1回目はわずかなファウルながら予選通過ラインの8m15は超えていたという。「感覚通りに身体を動かせた。比較的にいい跳躍だった」という続く2回目にビッグジャンプ。しっかりと予選通過を決めた。8m15を超えたのは橋岡を含めて2人だけで全体トップ。海外メディアからも取材を受けるほどだった。

それでも全体トップは「気にしていないです。明日は明日なので」と意に介さず。それよりも成長は予選をこれまでとは違った“力感”で突破できたこと。これまでは予選で「雰囲気にのまれて身体が動かないことがあった」が、この予選では「気楽にいけました」と、経験を生かした上での突破。昨年の東京五輪でも、予選よりも記録を上げてくる海外選手を目の当たりにしているからこそ、見据えるのはあくまで決勝で力を発揮することだ。

「明日は一発勝負。決勝で120%以上の力を出すだけ。今日以上の記録を出したい。行けるんじゃないかと思います」

今季は春先に足首の故障もあったが、日本選手権、そして世界陸上ときっちり合わせてきたあたりが、なんとも橋岡らしい。ドーハが8位、そして昨年の東京五輪が6位と確実にステップアップしてきた。今回の大会は「楽しむこと」と話していた橋岡。笑顔で迎える決勝は、これまでで一番楽しい6本になるかもしれない。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com