月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走幅跳・山川夏輝は7m75で予選敗退「調子は今季一番だけど冷静さを欠いた」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子走幅跳。予選B組に出場した山川夏輝(佐賀県スポ協)は3回目の7m75(+0.5)が最高で12位、総合で21位にとどまり、予選敗退となった。

5月のセイコーゴールデングランプリで日本歴代8位タイの8m14(+0.4)、6月の日大競技会で同7位の8m17(+0.9)と8m10以上を連発し、ワールドランキングで初の世界大会出場をつかんだ。状態も、「調子は良くて、今季一番だった」。

だが、「観客がたくさんいる雰囲気にのまれてしまって力んだ。冷静さを欠いてしまった」とリズムをつかめなかった。1回目が7m50(+1.8)、2回目も7m72(+0.9)。最後まで、本来のスピードあふれる力強いジャンプを出し切れなかった。

「日本選手権で5位に入っているようではダメ。橋岡(優輝/富士通)に勝ちつつ、いつもワン・ツーできるようにならないと」

京都・洛南高から日大を経て社会人5年目の26歳。2年前には右脚に大ケガを負って一時は車いす生活を余儀なくされたが、そこから復活を遂げた。初めての世界選手権の悔しさを刻み、大学の3学年後輩の橋岡がトップ通過した姿をしっかりと見つめ、さらなる大ジャンプを誓った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com