月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実1500m日本人初の予選突破「準決勝は楽しみたい」3種目挑戦がいよいよスタート/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた女子1500m予選に田中希実(豊田自動織機)が出場した。

今大会、800m、1500m、5000mの3種目に挑戦。そのスタートを切ったのが昨年の東京五輪1500mで8位入賞を果たしている1500mだった。

スタートから飛び出した田中。順位を後ろに下げてからもしっかり粘り、「ラストはある程度対応できたと思います」と組7着でフィニッシュした。タイムは「狙っていた」というシーズンベストの4分05秒30。準決勝に進む各組6着には入れなかったが、3組合計のタイムで拾われる2番目で準決勝に進んだ。

「去年(東京五輪)は着順で突破でしたが、今回は(着順を)取れなくてさっきまでハラハラしていました。ホッとしています」と田中。世界選手権で日本初の準決勝進出に「そこは新しい歴史を作れてプラスになる」と言うものの、その中でも「ラスト100mはそこまで離されずに走れましたが50mのスプリントが効いていなかった」と振り返る。

今季も例年通り、春から試合を重ねてきた田中。しかも400mから10000mまで。「誰もやったことがない」自分だけのスタイルを貫き、道を切り開いてきた。その結果、6月の日本選手権で1500mと5000mで2冠をして出場権を手にすると、800mでもワールドランキングでの追加代表に決定。同一大会では初となる3種目出場に挑戦することとなった。

そのスタートが1500m。「レースを終えるまでは怖かったのですが、準決勝に進んで始まったな、と。怖い部分は抜けられたと思います」。田中の世界選手権は始まったばかり。明日(日本時間17日11時05分)に1500m準決勝。それを突破すれば同19日11時50分に決勝が待つ。20日8時25分に5000m予選を控え、翌日の9時10分から800m予選が待つ。

「残れてありがたい気持ちを明日にぶつけたい。準決勝は精一杯、楽しみたいです」。5月のダイヤモンドリーグで悔しさを味わった同じ舞台で、田中は誰も進んだことのない道を走り出した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com