月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

6度目の世界大会の男子20km競歩髙橋英輝「悔しい」29位/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子20km競歩。五輪、世界選手権あわせて6回目の世界大会となった髙橋英輝(富士通)はトップから7分39秒遅れの1時間26分46秒で29位だった。

自身初の世界大会入賞を目指した髙橋は、序盤は山西利和(愛知製鋼)らとともに、先頭集団につけていたが、7km過ぎから後退した。10kmは40分55秒、15kmは1時間2分35秒で通過。20位前後でレースを進めたものの、フィニッシュ前に順位を落としてしまった。

レース後は「悔しい」と言葉を詰まらせた髙橋。22歳だった2015年に北京世界選手権初出場。その後、五輪、世界選手権と出場を続け、「これまでは先輩たちがいた」中での出場だったが、今回は競歩チーム最年長での出場だった。

山西や池田向希(旭化成)など若手が台頭し、代表争いも激しくなっているが、来年のブダペスト世界選手権、そして24年のパリ五輪に向け、再び世界の舞台を目指していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com