月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

3000m障害・三浦龍司は予選2組5着で予選敗退 五輪に続く入賞ならず/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子3000m障害予選。2組に出場した日本記録保持者の三浦龍司(順大)は8分21秒80で5着となり、タイムで拾われるプラス6人に入る可能性を残したものの、予選敗退が決定した。

終始先頭集団の前方につけ、2000mを5分40秒で通過。2連覇中のコンセンサス・キプルト(ケニア)ら強豪選手が仕掛ける揺さぶりで徐々に遅れ、最後まで追いつくことができなかった。

三浦は昨年の東京五輪で同種目日本人初の入賞となる7位に入っていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com