月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子20km競歩で山西利和が2大会連続の金メダル!王者の強さを発揮/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子20㎞競歩。3年前のドーハ大会王者・山西利和(愛知製鋼)が1時間19分07秒でトップフィニッシュした。成績が確定すれば2連覇となる。

山西はスタートしてまもなく一時飛び出すなど、終始主導権を握った。4kmあたりで集団に吸収され、スローな展開となったが13km辺りから再び前へ。その後は1km3分50秒台のペースに上げ、17km過ぎから池田向希(旭化成)とマッチレースとなったが、19km過ぎで池田を振り切り、2大会連続でフィニッシュテープを切った。

●男子20㎞競歩上位成績
山西利和(愛知製鋼)              1時間19分07秒
池田向希(旭化成)               1時間19分14秒
ペルセウス・カールストレーム(スウェーデン)  1時間19分18秒
サムエル・キレリ・ガシンバ(ケニア)      1時間19分25秒
ブライアン・ダニエル・ピンタード(エクアドル) 1時間19分34秒
チャオ・ボンフィム(ブラジル)         1時間19分51秒
アルヴァロ・マルティン(スペイン)       1時間20分19秒
住所大翔(順大)                1時間20分39秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com