月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

池田向希が銀メダル!白熱の男子20㎞競歩でラストまで粘り見せる/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた男子20㎞競歩。池田向希(旭化成)が1時間19分14秒の2位でフィニッシュした。

終始先頭集団で上位争いを繰り広げ、14㎞の通過が56分07秒。この時点でトップを走る山西利和(愛知製鉄)との差は2秒だった。

ラストは山西に離されるも、東京五輪銀メダルの意地で食らい付き、2着を死守。2019年ドーハ大会6位入賞の悔しさを晴らした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com