月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子20㎞競歩・藤井菜々子 日本人トップの6位で2大会連続入賞!「良いレースができたと思います」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた女子20㎞競歩。藤井菜々子(エディオン)が出場し、1時間29分01秒の6位で2大会連続の入賞を果たした。

5㎞の通過が22分12秒で17位と先頭集団からやや遅れるも、「前が速くて、そこにつく力はまだない」と冷静に分析して第2集団でレースを進めた。

11㎞の通過で8位と入賞圏内へ浮上した藤井。16㎞で5位へ順位を上げるも、「最後は気が緩んでしまいました」と劉虹(中国)に先着され、6位でフィニッシュした。

「4分20秒ちょっとのペースで進められて、良いレースができたと思います」と振り返った藤井。2019年ドーハ大会は初出場で7位入賞で「ドーハとは展開も違いますが、7位以上に入れたことは価値があると思います」。さらに東京五輪では「無駄に脚を使ってしまっていた」というが、その経験を生かして「最後まで力を残せた」という。

「20㎞を楽に歩けたのはこれが初めて」と手応えもつかんだようで、「次は4分15秒から4分20秒のペースで歩いて、最初から上位争いをしたい。そのためにスピードをあげるのはもちろん、そこでフォームが崩れたら意味がないので技術をつけたいです」とすでに次のステップを見据えていた。

藤井は1999年生まれの23歳。福岡県北九州市立高出身で、3年時にインターハイ5000m競歩を制している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com