月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子20㎞競歩の藤井菜々子 日本人トップの1時間29分01秒で6着フィニッシュ! /世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた女子20㎞競歩。藤井菜々子(エディオン)が日本人トップとなる1時間29分01秒の6着でフィニッシュした。

5㎞の通過が22分12秒で17位と先頭集団からやや遅れてレースをスタート。だが、その後は徐々にペースを上げて10㎞の通過は44分28秒で9位だった。11㎞の通過では8位と入賞圏内へ浮上。13㎞で6位、16㎞で5位へ順位を上げるも、フィニッシュ直前で6着となった。

2019年ドーハ大会は初出場で7位入賞、昨年の東京五輪では13位だった藤井。3月の世界競歩チーム選手権は1時間33分16秒で5位に入っている。

●女子20㎞競歩上位成績
キンバリ-・ガルシア・レオン(ペルー) 1時間26分58秒
カタジナ・ズジェブウォ(ポーランド)  1時間27秒31秒
切陽什姐(中国)            1時間27分56秒
ジェミマ・モンターグ(豪州)      1時間28分17秒
劉 虹(中国)             1時間29分00秒
藤井菜々子(エディオン)        1時間29分01秒
アレギナ・ゴンザレス(メキシコ)    1時間29分40秒
バレンティナ・トラプレッティ(イタリア)1時間29分54秒

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com