月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子20km競歩はガルシア・レオンが自己新の1時間26分58秒で金メダル/世界陸上

投稿一覧
◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のモーニングセッションに行われた女子20km競歩。キンバリー・ガルシア・レオン(ペルー)が自己ベストの1時間26分58秒で金メダルを獲得した。

序盤、前回ドーハ大会銀の切陽什姐(中国)とともに集団から飛び出したガルシア・レオン。5kmを21分42秒、10kmを43分31秒で通過すると、14kmあたりで切陽什姐を振り切り、先頭に立った。その後もリードを広げ、トップでフィニッシュ。今年5月にマークした自己記録1時間28分38秒を1分40秒更新した。

28歳のガルシア・レオンは、世界選手権では2017年ロンドン大会の7位が最高。五輪での入賞実績はなく、今年3月の世界競歩チーム選手権で3位に入っていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com