月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

“最強布陣”女子マラソン会見 一山麻緒「ケガなく順調」新谷仁美「心穏やかに」松田瑞生「後悔のないレースを」/世界陸上

7月15日に開幕するオレゴン世界選手権の会見が現地で行われ、女子マラソンに出場する一山麻緒(資生堂)、新谷仁美(積水化学)、松田瑞生(ダイハツ)の3人が登壇してそれぞれ決意を語った。

東京五輪8位入賞の一山は「それほど緊張しなかったのですが、(会見で)質問されてドキドキしてきました」と心境を明かす。1ヵ月ほど米国アルバカーキで高地トレーニングを積んできており「ケガなく順調に積めて、80%はやりきれた」と言う。

展開については「ケニア、エチオピアの選手を意識」しつつ、「周りのペースに飲まれずやりたいように走ったほうがパフォーマンスを出し切れる」と自分にフォーカスを当てる。オレゴン世界選手権の位置づけは「パリ五輪への通過点」で、「存在感を示したい」と語った。

マラソンでは初の世界選手権となる新谷。目標は「心穏やかい終わりたい」。ここに向けては長野で合宿を積み、状態については「過程ではなく結果で判断してほしい」と新谷らしく答える。

松田もマラソンでは初の世界選手権。5月から約2ヵ月、米国アルバカーキで練習し、「久しぶりの高地トレーニングで反動はありましたが、スタートラインに立てる状態に持ってこられた」と振り返り、「今できることを出し尽くして後悔のないレースにしたい」と覚悟を見せる。

朝6時15分スタート、森や河川敷といった自然豊かな場所と住宅地を走る周回コース。気候については涼しさもあり「いい環境」と口をそろえるが、一山は「今までに走ったことのないほど狭い道」と言い、松田も「くねくねしたコース。うまくないのでスムーズに曲がりたい」と言う。新谷は「スタートから10~15kmくらいまで森の中。住宅地は狭くて整備されていないところもあるので気をつけたい。朝は手袋が必要になるかも」としっかり見据えていた。

メダル、入賞の期待が高まる“最強布陣”の女子マラソン。日本時間の18日夜22時15分にスタートする。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com