月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が会見1500mから3種目の大冒険スタート!「気持ちは盛り上がってきた」/世界陸上

7月15日に開幕するオレゴン世界選手権の前日会見が現地で行われ、女子中長距離の田中希実(豊田自動織機)が登壇した。

800m、1500m、5000mと同一大会として初の3種目に出場する田中。そのスタートとして1日目の1500m予選(日本時間16日10時10分、田中は2組目)を控え、「1500mから始まるのは緊張しますが、東京五輪の楽しめた気持ちが戻ってきます」と言う。

会場となるオレゴン・ユージンのヘイワード・フィールドには、5月のダイヤモンドリーグと同じ舞台。その時は1500mで4分07秒43の15位だったこともあり「悪いイメージがあって不安もありました」と言うが、実際に現地入りして「前よりも長い滞在で新しい発見もあり、世界陸上の雰囲気もあってみんなで動けるのが楽しい」と笑顔を見せる。

練習をしての現状については「良いなと思ったら悪くなったり、悪いなと思ったら良かったり。波がある」。それを踏まえ、「明日のレースで全体の流れをつかみたい。良いほうが出せるようにスタートラインに立ちたいです」と意気込みを語る。

3種目全体で「一つのレース」と臨む田中。「緊張を忘れるくらい過密スケジュールでチャレンジしたい」。東京五輪8位入賞を経験したことで「アスリートとして目指すところが大きくなりました。昨年の成績も意識するし、決勝に残らないといけないという気持ちが強い」と力強い。「気持ちは盛り上がってきました。3種目ありますが、明日の1本に全力を注ぐ気持ちで臨みたい」と田中。世界選手権のスタートラインにいよいよ立つ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com