月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・北口榛花が63m13で優勝 世界最高峰のダイヤモンドリーグに初参戦で日本人史上初の快挙! /DLパリ


世界陸連のダイヤモンドリーグ(DL)第7戦が6月18日、フランス・パリで行われ、女子やり投で日本記録(66m00)保持者の北口榛花(JAL)が63m13を放って優勝した。2010年に始まった陸上最高峰のリーグ戦となるDLで、日本人の優勝は初めて。

北口は1投目に61m91で3位につけると、3投目に63m13をマークしてトップに浮上。5位に終わった東京五輪銅メダリスト・K.L.バーバー(豪州)らを抑えて、快挙を成し遂げた。

今季は、5月8日のセイコー・ゴールデングランプリでサードベストとなる63m93を放つと、6月11日の日本選手権では62m25で2年連続3回目のV。その後渡欧し、6月14日のチェコの競技会で61m97をマークして優勝していた。

北口は自身のSNSで「日本人初のようで、うれしいです めっちゃ嬉しいんだけどどうしたらいいかわかってないです 早起きしてみてくださった皆さんありがとうございます」とコメントした。

北口は北海道出身の24歳。高校1年生で競泳と掛け持ちでやり投を始めてインターハイに出場すると、2年生(14年)、3年生(15年)では連覇。15年には、世界ユース選手権で金メダルを獲得している。19年ドーハ世界選手権では決勝まであと6cm届かなかったが、昨年の東京五輪では、日本女子選手として五輪57年ぶりのファイナルに進んだ(決勝は12位)。

◇北口の年次ベスト
高1 49.31 高1歴代4位タイ
高2 53.15 高1歴代7位
高3 58.90 高校記録U18日本最高※500gでは60.35のU18日本記録
大1 61.38 U20日本記録
大2 61.07
大3 60.48
大4 66.00 日本記録、学生記録
社1 63.45
社2 62.06
社3 63.93

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com