月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400mH立命大の山本亜美が連覇!日本歴代6位の56秒38!「この1年合わせてきた」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた女子400mハードルは、山本亜美(立命大)が連覇を達成。56秒38は日本歴代6位、学生歴代4位の好記録だった。

フィニッシュ時は「57秒台かなと思った」という山本。内側を走る宇都宮絵莉(長谷川体育施設)に先行されても焦らずに得意の後半で一気に抜け出した。

前回大会で57秒04をマークして初優勝した山本。「スタート前に、そういえば1年間自己ベストを更新できていないな」と頭をよぎった。秋以降はケガをするなど、思うようなトレーニングを積めない時期もあったという。それでも、「この1年かけて合わせてきました」。

レースを振り返り、「前半もっとリラックスできれば後半もっと走れたと思うので100点満点ではないです」と言うが、目標としていた56秒台に突入。次は55秒台となるが、「400mの走力を上げて53秒台には入らないと」と言う。パリ五輪へ向け、「来年もまた自己ベストを更新できるようにがんばります」と笑顔で締めくくった。

■女子400mH日本歴代10傑[2022.6.12時点]
55.34 久保倉里美(新潟アルビレックスRC) 2011. 6.26
55.89 吉田真希子(FSGカレッジリーグ)  2003. 6. 8
55.94 青木沙弥佳(福島大4)        2008.10. 4
55.99 田子  雅(中大4)         2010. 5. 8
56.21 米田 知美(中大4)         2012. 6. 9
56.38 山本 亜美(立命大2)        2022. 6.12
56.50 イブラヒム愛紗(札幌国際大4)    2020.10. 3
56.50 宇都宮絵莉(長谷川体育施設)     2021. 5. 9
56.63 吉良 愛美(アットホーム)      2014. 5.11
56.75 石塚 晴子(東大阪大1)       2016. 5. 8

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com