月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

郡菜々佳 砲丸投で2年連続5回目V!円盤投との2冠達成は47年ぶり快挙/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた女子砲丸投は、郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)が15m57で2年連続5回目の優勝を果たした。郡は初日に行われた円盤投(58m70)と2冠。砲丸投と円盤投の2冠は1975年の林香代子以来47年ぶりの快挙となる。

小山田芙由子(日大)が2投目に15m23を投げてトップに立ち、郡は5投目まで2位につけていた。迎えた6投目には「飛んだ感覚はなかったけど気持ちでいきました」と優勝記録を投げて逆転した。

「練習で投げ急いでしまって今日は無理かなと思いましたが、優勝を決めることができて良かったです」と喜んだ。日本選手権に初出場した高校2年から2冠を目標にしてきたと言うだけに「2冠ができたことはすごくうれしいです」。2種目に取り組む理由として、「円盤投でも世界の選手は16m、17mを投げるので」と郡。記録については「16mオーバーが目標だったので納得はしていない」という。「どっちも大好きです」と言う円盤投と砲丸投。今後も2種目に取り組んでいく意向も示していた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com