月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三段跳・森本麻里子が自己新で逆転V4「雨の中で自信が出せてよかった」/日本選手権

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた女子三段跳は、森本麻里子(内田建設AC)が大会連覇を達成した。

「雨の中で自己ベストが出て良かった」と、4連覇にホッとした様子の森本。今年出した日本歴代3位の13m56を2cm更新する13m58(±0)を4回目に跳んだ。

その時点でリードを許していた船田茜理(武庫川女大)を逆転。「雨の中でも走り込んだり、ジャンプトレーニングをしたりしてきたので、やるべきことに集中しました」と、練習の成果を発揮した。6回目にはファウルながら大きなジャンプを見せ「再現したい」と語る。

来年のアジア大会、アジア選手権を目指す森本。「やるべきことを集中して持っている力を発揮したい。14mに近づけると思います」と、花岡麻帆に続く日本女子2人目の14m突入を見据えている。

2位に入った船田は日本歴代7位、学生歴代4位の13m46(±0)をマーク。3位・高島真織子(九電工)も13m42(±0)と、予想された通りのハイレベルな争いとなった。

■女子三段跳日本歴代10傑[2022.6.11時点]
14.04 1.1 花岡 麻帆(三英社)     1999.10. 1
13.65 0.3 河合 栞奈(大阪成蹊大4)  2019. 9.15
13.58 0.0 森本麻里子(内田建設AC)  2022. 6.11
13.52 0.7 宮坂  楓(ニッパツ)    2016.10.15
13.50 0.4 吉田 文代(中大4)     2003. 6. 6
13.48 0.9 髙島真織子(九電工)     2022. 5. 3
13.46 0.0 船田茜理(武庫川女大)    2022. 6.11
13.42 1.8 剱持 早紀(長谷川体育施設) 2019. 4.21
13.40 1.3 西内 誠子(上分中教)    1998. 4.29
13.39-0.8 佐藤 友香(七十七銀行)   2004.10.27

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com