月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・上田百寧が61m20で2位 ワールドランキングで世界陸上出場を見据える/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた女子やり投で、上田百寧(ゼンリン)が61m20を投げて2位となった。大会前時点ではワールドランキングでオレゴン世界選手権の出場枠(ターゲットナンバー)に入っている。

上田はこの日の最高記録を5投目にスロー。「1投目から(60m台を)出したかった」と言い、「自己ベストまであと少し、優勝も逃して悔しい」と浮かない表情だった。

今大会の記録と2位に入ったことにより、ワールドランキングでの出場の可能性も高まった。「もし世界選手権に出場できたら世界としっかり戦えるように準備していきたい」と決意を胸に刻んだ。

3位の武本紗栄(佐賀県スポ協)もワールドランキングでの出場の可能性もある。なお、3人が同一大会で60mを超えたのは日本史上初だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com