HOME ニュース、国内

2022.06.11

やり投・上田百寧が61m20で2位 ワールドランキングで世界陸上出場を見据える/日本選手権
やり投・上田百寧が61m20で2位 ワールドランキングで世界陸上出場を見据える/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた女子やり投で、上田百寧(ゼンリン)が61m20を投げて2位となった。大会前時点ではワールドランキングでオレゴン世界選手権の出場枠(ターゲットナンバー)に入っている。

広告の下にコンテンツが続きます

上田はこの日の最高記録を5投目にスロー。「1投目から(60m台を)出したかった」と言い、「自己ベストまであと少し、優勝も逃して悔しい」と浮かない表情だった。

今大会の記録と2位に入ったことにより、ワールドランキングでの出場の可能性も高まった。「もし世界選手権に出場できたら世界としっかり戦えるように準備していきたい」と決意を胸に刻んだ。

3位の武本紗栄(佐賀県スポ協)もワールドランキングでの出場の可能性もある。なお、3人が同一大会で60mを超えたのは日本史上初だった。

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目 オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた女子やり投で、上田百寧(ゼンリン)が61m20を投げて2位となった。大会前時点ではワールドランキングでオレゴン世界選手権の出場枠(ターゲットナンバー)に入っている。 上田はこの日の最高記録を5投目にスロー。「1投目から(60m台を)出したかった」と言い、「自己ベストまであと少し、優勝も逃して悔しい」と浮かない表情だった。 今大会の記録と2位に入ったことにより、ワールドランキングでの出場の可能性も高まった。「もし世界選手権に出場できたら世界としっかり戦えるように準備していきたい」と決意を胸に刻んだ。 3位の武本紗栄(佐賀県スポ協)もワールドランキングでの出場の可能性もある。なお、3人が同一大会で60mを超えたのは日本史上初だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top