月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・北口榛花が62m25で連覇も記録に「残念」渡欧して初DL挑戦へ/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目、女子やり投でこの種目の日本記録66m00を持つ北口榛花(JAL)が62m25で2年連続3度目の優勝を果たした。

3回目に優勝記録を投げたが、それ以外は「構えが浅くなってしまった」と助走からクロスステップでも流れを作れず。4投目以降は「あっち行ったり、こっち行ったり」と渋い表情。オレゴン世界選手権の参加標準記録(64m00)をクリアできず、「調子も良かっただけに、大会記録(63m68)は更新したかった」と自らの記録を更新できず悔しがった。

それでも、ワールドランキングで出場圏内におり、19年ドーハに続いて2度目の世界選手権は濃厚。昨年の東京五輪では、日本人57年ぶりとなる決勝進出を果たした北口。だが、その予選で左腹斜筋の肉離れを負って長期離脱した。秋シーズンは試合に出場せずリハビリに励み、冬場はコーチのいるチェコに渡ってトレーニングを積んだ。

13日に離日してヨーロッパへ。現地では14日にコンチネンタルツアー・ブロンズの大会に出場し、18日には「一つの目標だった」というダイヤモンドリーグ・パリ大会への出場が見込まれる。「日本選手権とダイヤモンドリーグの緊張があって心臓が……」と苦笑い。「満員のスタンドだと思うので、とても楽しみです」と目を輝かせた。

そのままチェコに残り、出場が決まればオレゴン入りの予定。「1段1段ステップアップしていって、来年は上位入賞、パリ五輪でメダルとなれるように、オレゴンでは入賞したいです」と、2度目の世界選手権への展望を語った。

ドーハ世界選手権では惜しくも決勝進出を逃している北口。今度こそ、“ファイナル”の舞台で最高の笑顔を見せる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com