HOME ニュース、国内

2022.06.11

やり投・北口榛花が62m25で連覇も記録に「残念」渡欧して初DL挑戦へ/日本選手権
やり投・北口榛花が62m25で連覇も記録に「残念」渡欧して初DL挑戦へ/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目、女子やり投でこの種目の日本記録66m00を持つ北口榛花(JAL)が62m25で2年連続3度目の優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

3回目に優勝記録を投げたが、それ以外は「構えが浅くなってしまった」と助走からクロスステップでも流れを作れず。4投目以降は「あっち行ったり、こっち行ったり」と渋い表情。オレゴン世界選手権の参加標準記録(64m00)をクリアできず、「調子も良かっただけに、大会記録(63m68)は更新したかった」と自らの記録を更新できず悔しがった。

それでも、ワールドランキングで出場圏内におり、19年ドーハに続いて2度目の世界選手権は濃厚。昨年の東京五輪では、日本人57年ぶりとなる決勝進出を果たした北口。だが、その予選で左腹斜筋の肉離れを負って長期離脱した。秋シーズンは試合に出場せずリハビリに励み、冬場はコーチのいるチェコに渡ってトレーニングを積んだ。

13日に離日してヨーロッパへ。現地では14日にコンチネンタルツアー・ブロンズの大会に出場し、18日には「一つの目標だった」というダイヤモンドリーグ・パリ大会への出場が見込まれる。「日本選手権とダイヤモンドリーグの緊張があって心臓が……」と苦笑い。「満員のスタンドだと思うので、とても楽しみです」と目を輝かせた。

そのままチェコに残り、出場が決まればオレゴン入りの予定。「1段1段ステップアップしていって、来年は上位入賞、パリ五輪でメダルとなれるように、オレゴンでは入賞したいです」と、2度目の世界選手権への展望を語った。

広告の下にコンテンツが続きます

ドーハ世界選手権では惜しくも決勝進出を逃している北口。今度こそ、“ファイナル”の舞台で最高の笑顔を見せる。

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目 オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目、女子やり投でこの種目の日本記録66m00を持つ北口榛花(JAL)が62m25で2年連続3度目の優勝を果たした。 3回目に優勝記録を投げたが、それ以外は「構えが浅くなってしまった」と助走からクロスステップでも流れを作れず。4投目以降は「あっち行ったり、こっち行ったり」と渋い表情。オレゴン世界選手権の参加標準記録(64m00)をクリアできず、「調子も良かっただけに、大会記録(63m68)は更新したかった」と自らの記録を更新できず悔しがった。 それでも、ワールドランキングで出場圏内におり、19年ドーハに続いて2度目の世界選手権は濃厚。昨年の東京五輪では、日本人57年ぶりとなる決勝進出を果たした北口。だが、その予選で左腹斜筋の肉離れを負って長期離脱した。秋シーズンは試合に出場せずリハビリに励み、冬場はコーチのいるチェコに渡ってトレーニングを積んだ。 13日に離日してヨーロッパへ。現地では14日にコンチネンタルツアー・ブロンズの大会に出場し、18日には「一つの目標だった」というダイヤモンドリーグ・パリ大会への出場が見込まれる。「日本選手権とダイヤモンドリーグの緊張があって心臓が……」と苦笑い。「満員のスタンドだと思うので、とても楽しみです」と目を輝かせた。 そのままチェコに残り、出場が決まればオレゴン入りの予定。「1段1段ステップアップしていって、来年は上位入賞、パリ五輪でメダルとなれるように、オレゴンでは入賞したいです」と、2度目の世界選手権への展望を語った。 ドーハ世界選手権では惜しくも決勝進出を逃している北口。今度こそ、“ファイナル”の舞台で最高の笑顔を見せる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top