HOME ニュース、国内

2022.06.11

3000m障害2位・青木涼真がオレゴン世界選手権標準突破で代表内定!「彼をじわじわ追いかけたい」/日本選手権
3000m障害2位・青木涼真がオレゴン世界選手権標準突破で代表内定!「彼をじわじわ追いかけたい」/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた男子3000m障害で、2位に入った青木涼真(Honda)が8分20秒09をマーク。自己記録(8分20秒70)を更新するとともに、世界選手権の参加標準記録8分22秒00を突破して3位以内に入ったため、昨年の東京五輪に続いて代表に内定した。

優勝した三浦龍司(順大)が飛び出すなか、青木は冷静に「2000mまで自分のペースで行きました」。最後までしっかりした足取りで代表をつかみ取り、何より「4大会目で3回連続3位だったのが引っかかっていたので、順位は満足」と2位に入ったことにも充実感を浮かべる。

万全ではなかったと言い、「標準記録を狙うには2本(ホクレンディスタンス)は難しいので、ここで無理して突破できてよかった」と青木。日本記録を持ち、ともに世界選手権代表に内定した三浦との差はひしひしと感じている。だが、「彼を追いかけることで世界に近づく。総合的に差があるので1つずつ鍛えて上がっていきます。じわじわと追いかけるので楽しみにしていてください」。

伸びしろたっぷりで挑む2度目の世界。さらに成長した姿で挑戦する。

■男子30000mSC日本歴代10傑
8.09.92 三浦龍司(順大2)        2021. 7.30
8.18.93 岩水嘉孝(トヨタ自動車)     2003. 8.23
8.19.52 新宅雅也(ヱスビー食品)     1980. 7. 8
8.19.96 山口浩勢(愛三工業)       2021. 6.26
8.20.09 青木涼真(Honda)         2022. 6.11
8.21.6  小山隆治(クラレ)        1974. 6.22
8.23.93 阪口竜平(SGホールディングス) 2021. 5. 9
8.25.49 潰滝大記(富士通)        2021. 6.26
8.25.70 楠 康成(阿見AC)       2022. 6.11
8.26.48 内冨恭則(中国電力)       1997.10.29

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目 オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の3日目に行われた男子3000m障害で、2位に入った青木涼真(Honda)が8分20秒09をマーク。自己記録(8分20秒70)を更新するとともに、世界選手権の参加標準記録8分22秒00を突破して3位以内に入ったため、昨年の東京五輪に続いて代表に内定した。 優勝した三浦龍司(順大)が飛び出すなか、青木は冷静に「2000mまで自分のペースで行きました」。最後までしっかりした足取りで代表をつかみ取り、何より「4大会目で3回連続3位だったのが引っかかっていたので、順位は満足」と2位に入ったことにも充実感を浮かべる。 万全ではなかったと言い、「標準記録を狙うには2本(ホクレンディスタンス)は難しいので、ここで無理して突破できてよかった」と青木。日本記録を持ち、ともに世界選手権代表に内定した三浦との差はひしひしと感じている。だが、「彼を追いかけることで世界に近づく。総合的に差があるので1つずつ鍛えて上がっていきます。じわじわと追いかけるので楽しみにしていてください」。 伸びしろたっぷりで挑む2度目の世界。さらに成長した姿で挑戦する。 ■男子30000mSC日本歴代10傑 8.09.92 三浦龍司(順大2)        2021. 7.30 8.18.93 岩水嘉孝(トヨタ自動車)     2003. 8.23 8.19.52 新宅雅也(ヱスビー食品)     1980. 7. 8 8.19.96 山口浩勢(愛三工業)       2021. 6.26 8.20.09 青木涼真(Honda)         2022. 6.11 8.21.6  小山隆治(クラレ)        1974. 6.22 8.23.93 阪口竜平(SGホールディングス) 2021. 5. 9 8.25.49 潰滝大記(富士通)        2021. 6.26 8.25.70 楠 康成(阿見AC)       2022. 6.11 8.26.48 内冨恭則(中国電力)       1997.10.29

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top