月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

前回覇者・多田修平が100m準決勝敗退「全然ダメ」肉離れの影響大きく/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の初日。男子100m準決勝で2組に入った前回王者の多田修平(住友電工)だが、スタートから思うように加速に乗れず、トップから差が開いていく。最後は10秒41(±0)でまさかの6着。準決勝敗退となった。

前日の会見で、5月に肉離れをして走れない状態だったことを明かした多田。予選を終えた段階で、「厳しいなと想定できたし、メンタルにも来てしまった」と振り返る。走っている中でも痛みがある状態で、その怖さから「踏み込めなかった」。

ワールドランキングでの出場の可能性もゼロではないが、世界選手権に向けては「無理だし、全然ダメ」と話し、「目標はあくまでパリ五輪。時間をとってしっかり休みたい」とまずは状態を戻していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com