月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

相澤晃がホクレンディスタンスの欠場を表明 日本選手権優勝も世界陸上標準突破できず


男子10000mの日本記録保持者で5月の日本選手権を制した相澤晃(旭化成)が、6月22日に行われるホクレン・ディスタンスチャレンジ20周年記念大会の欠場を自身のSNSで表明した。相澤は7月に行われるオレゴン世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を突破できておらず、同大会の出場は難しくなった。

昨年の東京五輪10000m代表の相澤は、世界選手権出場に向けて春から10000mのレースに出場したものの、金栗記念では27分45秒26、日本選手権は27分42秒85と標準記録には届かず。6月5日にはオランダで行われた「FBK Games」に日本選手権上位の伊藤達彦(Honda)、市田孝(旭化成)とともに参加したが28分17秒41と及ばず、世界選手権代表内定は得られなかった。

相澤は世界陸連が発表しているワールドランキングで上位につけており、世界選手権出場の可能性はわずかに残すものの、すでに標準記録を突破している人数が世界選手権の出場枠(ターゲットナンバー)を越えているため、出場は厳しくなっている。

22日のホクレン・ディスタンスは標準記録突破のラストチャンスとなるが、相澤は連戦の疲れも考慮し「しばらく休みます。秋冬のトラックに向けてまた頑張ります」とコメントしている。

日本人では昨年12月に田澤廉(駒大)が27分23秒44と世界選手権の標準記録を突破している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com