HOME 高校

2022.06.08

恒石望乃が女子100mで県高校新V!1年生のマルティネス・ブランドン・ボイドが短距離3冠/IH都府県大会ハイライト四国
恒石望乃が女子100mで県高校新V!1年生のマルティネス・ブランドン・ボイドが短距離3冠/IH都府県大会ハイライト四国


インターハイの都府県大会が各地で開催され、四国地区(香川、徳島、愛媛、高知)の各大会が終了した。

香川県大会(6月4日~6日)は、男子400mを48秒09の大会新で制した西岡蓮太郎(四学香川西3)が、アンカーを務めた4×400mリレーでも3分18秒72で優勝へ導いた。200mでその西岡を抑えて、21秒57(+1.5)で優勝したのが1年生のマルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西)で、100m(10秒95/-0.6)、4×100mリレー(40秒92/4走)と合せて3種目V。男子800mでは槫谷猛尊(小豆島中央3)が1分53秒54の大会新と好走し、男子ハンマー投は、秋山玲二郎(四学香川西3)が63m68で他を圧倒した。

女子は霜門瑠依(四学香川西3)が100mを12秒22(-0.4)で優勝し、翌日おこなわれた200mでも24秒97(+0.5)で快勝。さらに、4×100mリレー(47秒96/2走)、4×400mリレー(4分00秒32/3走)と4冠に輝いた。学校対抗は、男女ともに総合、トラック、フィールド部門すべてを、四学香川西が1位となった。

愛媛県大会(6月4日~6日)は、男子の中長距離種目で大会新が誕生。1500mでは廣瀬弘汰(今治北3)が3分52秒63で優勝を飾り、5000mでは松木鉄人(新居浜東3)が14分45秒44で快勝。また、5000m競歩では長田隼人(松山工3)が20分59秒15で、2位を2分30秒以上も引き離して頂点に立った。

女子棒高跳では優勝した篠原わかな(松山北2)と2位の大岡聖和(済美3)がともに3m30の大会新記録。篠原は100mでも12秒52(-1.1)で優勝する活躍ぶりを見せた。4×100mリレーは済美が48秒03が2位の八幡浜を0.02秒差で接戦を制し、4×400mリレーは新居浜東が3分59秒37で優勝を飾った。学校対抗は男子総合が85点で松山北、女子総合は121点で済美が栄冠に輝いている。

高知県大会(5月21日~23日)は、女子3種目で県高校新記録が誕生。昨年のU16陸上で三段跳2位の恒石望乃(高知2)が100mで12秒11(+2.0)と県高校記録を更新すると、走幅跳(5m64/-0.5)、三段跳(11m44/+0.6)でもトップに立った。4×100mリレーは48秒15で安芸が従来の県高校記録を0.10秒塗り替える48秒15をマーク。2位に1秒38もの差をつけて圧勝した。そのリレーで3走を務めた谷青夏(3年)は七種競技で4446点の県高校記録を樹立。谷は100mハードル(15秒34/+0.9)、400mハードル(65秒97)でも優勝を飾り、女子の最優秀選手に選ばれた。

男子は、高坂蓮(高知農3)が砲丸投13m34、やり投62m38で2種目V。男子MVPに輝いた。200mを22秒26(-0.3)で制した岡上幸正(高知学芸3)は、400mでも49秒97で制し、4×400mリレー(3分20秒49/4走)でもチームを優勝に導いた。学校対抗は男子が高知農、女子は高知追手前がトップだった。

今年のインターハイ会場となる鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島県大会(6月5日~7日)は、女子三段跳で髙内結菜(鳴門2)が11m98の大会新記録で快勝した。女子5000m競歩では敷島千紘(城東2)が25分39秒92で優勝し、大会記録も17秒74も更新。女子スプリントは髙井菜名(徳島北2)が100m12秒05(+3.1)、200m25秒23(+2.1)で1位を占めた。

42m26で男子円盤投に優勝した仁木星之介(生光学園3)は砲丸投(15m45)とハンマー投(52m31)の投てき3種目を制覇。男子両リレーでは鳴門渦潮が41秒77、3分22秒74でトップに立った。総合争いは男女ともに鳴門が圧勝した。

インターハイ出場を懸けた四国大会は6月18日~20日に徳島県鳴門市のポカリスエットスタジアムにて行われる。

インターハイの都府県大会が各地で開催され、四国地区(香川、徳島、愛媛、高知)の各大会が終了した。 香川県大会(6月4日~6日)は、男子400mを48秒09の大会新で制した西岡蓮太郎(四学香川西3)が、アンカーを務めた4×400mリレーでも3分18秒72で優勝へ導いた。200mでその西岡を抑えて、21秒57(+1.5)で優勝したのが1年生のマルティネス・ブランドン・ボイド(四学香川西)で、100m(10秒95/-0.6)、4×100mリレー(40秒92/4走)と合せて3種目V。男子800mでは槫谷猛尊(小豆島中央3)が1分53秒54の大会新と好走し、男子ハンマー投は、秋山玲二郎(四学香川西3)が63m68で他を圧倒した。 女子は霜門瑠依(四学香川西3)が100mを12秒22(-0.4)で優勝し、翌日おこなわれた200mでも24秒97(+0.5)で快勝。さらに、4×100mリレー(47秒96/2走)、4×400mリレー(4分00秒32/3走)と4冠に輝いた。学校対抗は、男女ともに総合、トラック、フィールド部門すべてを、四学香川西が1位となった。 愛媛県大会(6月4日~6日)は、男子の中長距離種目で大会新が誕生。1500mでは廣瀬弘汰(今治北3)が3分52秒63で優勝を飾り、5000mでは松木鉄人(新居浜東3)が14分45秒44で快勝。また、5000m競歩では長田隼人(松山工3)が20分59秒15で、2位を2分30秒以上も引き離して頂点に立った。 女子棒高跳では優勝した篠原わかな(松山北2)と2位の大岡聖和(済美3)がともに3m30の大会新記録。篠原は100mでも12秒52(-1.1)で優勝する活躍ぶりを見せた。4×100mリレーは済美が48秒03が2位の八幡浜を0.02秒差で接戦を制し、4×400mリレーは新居浜東が3分59秒37で優勝を飾った。学校対抗は男子総合が85点で松山北、女子総合は121点で済美が栄冠に輝いている。 高知県大会(5月21日~23日)は、女子3種目で県高校新記録が誕生。昨年のU16陸上で三段跳2位の恒石望乃(高知2)が100mで12秒11(+2.0)と県高校記録を更新すると、走幅跳(5m64/-0.5)、三段跳(11m44/+0.6)でもトップに立った。4×100mリレーは48秒15で安芸が従来の県高校記録を0.10秒塗り替える48秒15をマーク。2位に1秒38もの差をつけて圧勝した。そのリレーで3走を務めた谷青夏(3年)は七種競技で4446点の県高校記録を樹立。谷は100mハードル(15秒34/+0.9)、400mハードル(65秒97)でも優勝を飾り、女子の最優秀選手に選ばれた。 男子は、高坂蓮(高知農3)が砲丸投13m34、やり投62m38で2種目V。男子MVPに輝いた。200mを22秒26(-0.3)で制した岡上幸正(高知学芸3)は、400mでも49秒97で制し、4×400mリレー(3分20秒49/4走)でもチームを優勝に導いた。学校対抗は男子が高知農、女子は高知追手前がトップだった。 今年のインターハイ会場となる鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島県大会(6月5日~7日)は、女子三段跳で髙内結菜(鳴門2)が11m98の大会新記録で快勝した。女子5000m競歩では敷島千紘(城東2)が25分39秒92で優勝し、大会記録も17秒74も更新。女子スプリントは髙井菜名(徳島北2)が100m12秒05(+3.1)、200m25秒23(+2.1)で1位を占めた。 42m26で男子円盤投に優勝した仁木星之介(生光学園3)は砲丸投(15m45)とハンマー投(52m31)の投てき3種目を制覇。男子両リレーでは鳴門渦潮が41秒77、3分22秒74でトップに立った。総合争いは男女ともに鳴門が圧勝した。 インターハイ出場を懸けた四国大会は6月18日~20日に徳島県鳴門市のポカリスエットスタジアムにて行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top