月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

齋藤真希が円盤投4連覇!関東学生新となる57m43のビッグスロー「自分の力を発揮」/関東IC


◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレの2日目に行われた女子円盤投で、齋藤真希(東女体大)が大会4連覇を飾った。

1回目に、昨年自身が作った大会記録54m56を更新する54m63をマークした齋藤。その後は「力みもあった」と記録を伸ばせず。だが、優勝を決めた後の最終6回目にビッグスローが生まれる。「いつも右に行く(重心)がまっすぐに立ってリリースできた」という一投は、大会記録を示すマークをはるかに越えた。57m43の関東学生新記録。日本歴代3位だった自己記録を更新し、パフォーマンス日本歴代6位にランクインした。

「ようやくここまで来られた」というのが率直な感想。「これまでアベレージは上がっていたのですが一発が出ませんでした。感触も良くてハマった感じがあります」と喜ぶ。中学時代から次々と年代別の記録を更新し、タイトルを手にしてきた。そのぶん、「勝って当たり前」というプレッシャーと常に戦い続けてきた。だからこそ、4連覇には「うれしい」とホッと胸をなで下ろす。

今季は日本記録(59m03)保持者の郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)が自己2番目の57m87を投げており、同一年で初めて複数の57m台に入った。「ハイレベルな争いができるのが楽しい」というのはアスリートの本能。日本選手権では「今日のように自分の力を発揮できるように、調子を合わせていきたいです」と意気込みを語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com