月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH・玉置菜々子が13秒37でV! 2位・田中と0.01秒差の接戦/関東IC


◇第101回関東インカレ(5月19日〜22日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレ2日目に行われた女子100mH。玉置菜々子(国士大)と田中きよの(駿河台大)がほぼ同時にフィニッシュし、会場中の注目が電光掲示板に集まった。先に表示されたのは玉置の名前と13秒37(+0.1)のタイム。0.01秒差で田中が2位に入った。

玉置は「正直負けたかなと思っていました」と語ったが、最後は「4年生の意地」を見せた。大学1、2年時は関東インカレ予選敗退。最初の2年は「日の目を見ずに負け続けていました」。3年時には決勝に進出するも2位で「勝つことだけを考えた」と今大会に懸ける思いは強かったという。

「学生記録の更新」を狙っていたが、アップの時点で調子があまり上がっておらず「8台目でハードルにぶつけてしまいました」と振り返り、記録は「そんなに出ないだろうなと思っていました」と、今回はとにかく勝負にこだわったレースだった。

玉置は4月の学生個人選手権で13秒30(+0.5)をマークして優勝。ワールドユニバーシティゲームズの代表に内定したが大会が再延期となり、代表は取り消しとなってしまった。「かなり落ち込みました」と練習がままならない日もあったと言うが、「気持ちが落ちた分、今日は勝つぞという気持ちにつながりました」。

日本選手権に向けては「決勝に食い込みたい」と語った玉置。「ここから約3週間、さらに自分の走りを作り上げていけたら」と、日本のトップハードラーたちと戦う気合は十分だ。

惜しくも2位となった田中は「横を見て勝ったと思いました」と悔しさを噛み締める。だが、記録は13秒38の自己タイ記録。「この時期に自己タイを出せたのは良かったです」。走力も上がってきている反面、「速くなり過ぎてインターバルが追いつかない」という課題も。「そこを改善できれば、13秒1、2台は狙えると思います」と自己記録更新へ向けて力強く語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com